脂質異常症(高脂血症)で困っています。
中性脂肪の数値はクリアーなのですが、総コレステロール値をなんとか下げなくてはなりません。
病院でのガイドラインで食事療法と運動療法で治すつもりが、途中で挫折してしまいました。
今年の健康診断でも要受診となってしまいもう後がない状態です。

なんとか健康体に戻るべくがんばってみますので、同じ境遇のあなたも、まだ健康なあなたも予防のために一緒にがんばっていきましょう!

シニア男性「ちょい太」お勧め 死亡率低下

<スポンサードリンク>


微妙な体重の問題なのでしょうが、少し太めの方が長生きできる!!

という調査結果が出ています。

シニアになったらがりがりに痩せているよりは、栄養が普通よりも

ちょっといい状態の太目の人の方が長生きできるというのもわかる気がしますね。

適度に太めを維持するのは非常に難しいのでしょうが、

目標が太めでいいとなると楽な気分でダイエットに励めます。

でも当面はがんばって自転車漕いで、あと3キロ痩せなくては!!!




2008年10月20日印刷ソーシャルブックマーク

病気などで亡くなる人の率が低いBMI値
 長生きのためには、高齢の男性に限っては「少し太め」がお勧めなことが、茨城県の約9万人を対象にした調査でわかった。高齢女性ではほぼ標準的な体形だと亡くなる人の率が低かったが、それでも日本肥満学会が理想とする体形よりは「太め」だった。

 高齢になると、若いころより太めの方が望ましい、と海外の研究で指摘されていたが、日本人の大規模調査で確認されたのは初めて。

 調査したのは県や筑波大、独協医科大などのグループ。93年度に健診を受けた40〜79歳の男性3万2千人、女性6万2千人を03年まで追った。

 この間に男性3930人、女性3164人が死亡。喫煙や飲酒の影響を除いたうえで、どの体形の人が病気などで亡くなる確率が最も低いかを、年代別に算出した。体形は、体重(キロ)の値を身長(メートル)で2回割った体格指数(BMI)でみた。

 その結果、男性は40〜50代ではBMI23.4、60〜70代では25.3の人が、死亡率が一番低かった。

 BMIは18.5以上25未満が普通体重。25以上で肥満となる。高齢男性では少し太めな方が、栄養状態が良いといった利点があり、死亡率が低くなっている可能性がある。若い世代では、肥満によって上がる心臓病リスクなどが利点を上回るらしい。

 女性で死亡率が一番低かったBMIは、40〜50代で21.6、60〜70代で23.4。高齢で高めになるのは男性と同じだが、全体に男性より細めだった。

 肥満学会はBMI22を理想とする。男女約4600人の調査で、この体形のとき病気の確率が最低だった。ただ、調べたのは30〜50代で、高齢世代はみていなかった。

 調査の中心だった独協医科大の西連地利己(さいれんち・としみ)助教(公衆衛生学)は「望ましい体形は年代ごとに分けて考えた方がいい。ただ同じ体形でも、脂肪が多くて筋肉が少なければリスクは高まるので注意して」という。(田村建二)



posted by ゴルラ− at 21:32 | Comment(0) | TrackBack(0) | 健康の最新ニュース

心疾患の3分の1、ジャンクフードが原因の可能性

<スポンサードリンク>

ジャンクフードや肉、玉子などの西欧系の食事が多い人は、

心疾患に掛かり易いとの研究結果です。

やっぱり肉食系はいけないのですね!

オムライスも時々食べるくらいにしないといけません。

美味しい料理は危険が伴ってしまうというお話!!

よ〜くわかるのですが、

ジャンクフードもときたま食べると美味しいのです!

野菜中心の菜食主義者の人達の病気はどうなっているでしょう。

一度調査してもらいたいものです。

本当に効果が表れているのでしょうか?

ジャンクフードとは?

ファーストフードやスナック菓子など、高カロリーだが栄養価の低い食品の総称。

塩分や糖分、脂肪分が多く、ビタミン類が乏しく、栄養価値が低い食品で、英語で【ガラクタのような食べ物】という意味をもちます。

ジャンクフードは、主に口当たりの良い味付けで、味覚を過剰に刺激し、次から次へと食べられるように調味づけられているものが多く、このため、一度食べだしたら、なかなかやめられなくなり、カロリーも高いため、少量でもカロリー過多になってしまう恐れがあります。

ジャンクフードは「ダイエットの大敵!」ともいわれています。




心疾患の3分の1、ジャンクフードが原因の可能性

10月21日13時19分配信 ロイター

 [ワシントン 20日 ロイター] 世界の心疾患の35%は、揚げ物や塩分の多いスナック菓子、肉といった食品が原因となっている可能性があるという研究結果が明らかになった。加オンタリオ州のマクマスター大のサリム・ユースフ博士のチームが専門誌「Circulation」で発表した。 
 同チームでは1999年2月から2003年3月にかけて、初めての心臓発作を起こしたばかりの患者5700人を含む1万6000人を対象に、血液検査と食生活に関するアンケート調査を実施。
 52カ国の人々について行った研究によると、肉や卵を基本とした「西欧の」食事やジャンクフードを多く摂取したグループは心臓発作を起こしやすく、果物や野菜を多く摂った人々は心臓発作のリスクがより低かった。
 同チームではまた、豆腐を多く摂る食事について、ナトリウムが多く含まれるため心疾患予防という観点からは良くも悪くもないとしている。

最終更新:10月21日13時19分



posted by ゴルラ− at 18:45 | Comment(0) | TrackBack(0) | 健康の最新ニュース

肥満の人の食べすぎはドーパミン不足から!

<スポンサードリンク>



ドーパミン不足のために太ってしまうということのようです。

ほんとうでしょうか?

何人の肥満の方を対象にして調べたのか書いてありませんので、
にわかには信じられませんが、ドーパミンは食べ物の問題だけでなく生活全てにかかわってくると思います。

<肥満=満足できない人>となってしまうのでしょうか?


肥満の人々は喜びを感じさせる脳内物質であるドーパミン受容体が非肥満の人よりも少なく、非肥満の人と同等の喜びを感じるためには、食べ物や薬物など満足感を得られるものをより多く摂取する必要がある可能性があることが、研究で明らかになったという。(c)AFP

posted by ゴルラ− at 18:10 | Comment(0) | TrackBack(0) | 健康の最新ニュース

中国の食品関係はもう食べることができません。

<スポンサードリンク>




今度は乾燥卵とフライドチキンからメラミン検出ですね。

もう怖くて中国の製品は食べることはできませんね。

売る方も責任の問題と損害額が半端ではないはずですから、

輸入することを止める企業もでてくると思います。

リスクを抱えて商売は出来ないでしょう。

食料品が値上がりすることは必至ですね。

安全な国産を食べるしかないのですが、ますます物価は上昇、

景気はどん底へ向かっていく!

試練の時が来ている感じです。

健康問題にかかわることですから避けては通れませんが、

大きな問題だけに食糧自給の方向へ向かわないと解決はないのでは!!

日頃から健康に気をつけて節制をしていても、

メラミンやメタミドフォスが入っていたんでは何にもなりませんから。
posted by ゴルラ− at 13:37 | Comment(0) | TrackBack(0) | 健康の最新ニュース

脳梗塞から解放される日がくるかも!

<スポンサードリンク>




将来は脳梗塞から起こった手足の麻痺は解決できるかもしれません。

まだまだ時間はかかるようですが、臨床実験には数年で取り組めるようになる可能性があります。

このような研究は大歓迎ですね。
タグ:脳梗塞
posted by ゴルラ− at 09:20 | Comment(0) | TrackBack(0) | 健康の最新ニュース

バナナダイエット作戦の次の作戦は!

<スポンサードリンク>


バナナダイエットが流行っていますが、ダイエットはバナナだけではない!

次の注目株は<キウイ>と<とろろ昆布>なんだそうです。

キウイもバナナと同じくらい栄養価は高いので、効果はありそうですね。

<とろろ昆布>もいろんな応用ができる食材で、食物繊維も豊富に含まれているのでいいかもしれません。

何が流行るにしろ継続しなくてはダイエットになりませんので、流行を追うよりも一つの方法をこつこつやらねば効果はないでしょう!

私はキャベツと自転車漕ぎでがんばります。



バナナの次の「ダイエット」 「キウイ」?「とろろ昆布」?
10月11日12時5分配信 J-CASTニュース


ネットで話題になっている「キウイダイエット」
 「バナナダイエット」が空前のブームとなり、八百屋やスーパーマーケットでバナナの品薄状態がいまだに続いている。手に入らないバナナに代わって、注目を集めているのが「キウイフルーツ」なんだそうだ。

■「キウイフルーツ」にはバナナと同じ栄養がある

 バナナの次にくるのではないかと、ネットで話題になっているのが「キウイフルーツ」だ。朝バナナダイエットを提唱したことで有名な明治薬科大学理事の本橋登博士が、2008年10月3日に放送された日本テレビ系情報番組「スッキリ!! 」で

  「キウイフルーツは今が旬で値ごろですし、バナナに近い成分が含まれています」

と、イチオシした。

 キウイには、糖質や脂肪を燃焼するカロテンや過剰な水分を排出してむくみや冷えを改善するカリウムが、バナナとほぼ同じくらい含まれている。食物繊維もある。バナナダイエットと同様に、朝食にキウイフルーツと水を摂るだけでいい。

 放送後、「キウイダイエット」はネットで話題になっている。「goo」 の注目ワードに「朝キウイダイエット」が10月7日の時点で載っているほか、ブログを解析するサイト「kizashi.jp」によると、「キウイ」という単語が個人のブログで10月2日から8日までに520件検出された。1年前の同時期に比べておよそ200件も増えている。

 個人のブログでもこんな話が交わされている。

  「やり方や効果はいったいどのようなものなのでしょうか?」
  「バナナが高くなったとか手に入りにくくなったと思っている人にはキウイフルーツはうってつけですね」

 ■少量でもおなかがふくれる「とろろ昆布」

 ポストバナナとして「とろろ昆布」も有力だ。雑誌やテレビですでに取り上げられている。乾燥しているのでふくれて、少量でも食欲が満たされる。小腹が減った時に、おやつ代わりに食べる人もいて、女優の釈由美子さんや歌手のhitomiさんがおやつに食べているという話もある。また、昆布にはコレステロールや糖の吸収を抑える食物繊維が豊富に含まれている。通常の昆布よりも薄く削ったとろろ状のほうが、食物繊維が体内に取り込まれやすくなる。とろろ昆布を発売しているフジッコのマーケティング企画担当者は、

  「水分と一緒に摂れば、食物繊維が溶け出して効率よく摂取できます。味噌汁やお吸い物、うどんに入れることが多いですが、コンビニで売っているおでんや、できあいの惣菜に入れるとうまみが増しますよ。また、ひとつまみのとろろ昆布をお椀入れてお湯を注ぎ、しょうゆで味を調えれば即席のお吸い物になります」

とPRする。

 これまでにもダイエット食材は、納豆、りんご、寒天、おから、キムチ、豆乳、こんにゃく、きな粉、キャベツといった色んなものがはやっている。ポストバナナダイエットの座につくのは、バナナと同じ栄養がある「キウイフルーツ」か、単品でも料理にも応用できる「とろろ昆布」か。

 一方ネットでは、「バナナの次はキウイなんていう情報も、もしやキウイ売るための戦略?」「ダイエットは気持ちの問題ですから、手段はなんでもいいのでしょうかね」という否定的な意見もある。



posted by ゴルラ− at 14:57 | Comment(0) | TrackBack(0) | 健康の最新ニュース

鶏の足、高血圧の抑制に役立つ可能性

<スポンサードリンク>


高血圧の方にはいい薬ができそうです。

鶏の足から抽出したコラーゲンが血圧を下げてくれるのです。

これから楽しみな状況になりそうですね。

期待しましょう!


鶏の足、高血圧の抑制に役立つ可能性=研究
10月10日11時31分配信 ロイター

 [香港 9日 ロイター] 日本の科学者が、鶏の足から高血圧の抑制を助けると考えられる4つのたんぱく質を特定した。専門誌Journal of Agricultural Chemistry and Foodに論文を発表した。
 鶏の足から抽出したコラーゲンを高血圧のネズミに摂取させたところ、食塩水を摂取させたネズミとの比較で、8時間後に血圧がはっきりと降下。4週間後にも血圧の大幅低下が確認できたとしている。
 この研究は、日本ハム中央研究所と広島大の研究者が共同で行った。

最終更新:10月10日11時31分



posted by ゴルラ− at 23:05 | Comment(0) | TrackBack(0) | 健康の最新ニュース

おっぱいに内臓脂肪減らす効果 ライオン、商品展開検討

<スポンサードリンク>


母乳にはすごい効果があるようですね。

母乳に含まれるラクトフェリンというたんぱく質が、内臓の脂肪を減らしてくれるのです。

ただ飲んでいるだけではやはり効果は薄いため、胃酸で溶けない様に工夫してある錠剤が必要なようです。

現在、すでに健康食品として販売しているのですぐにでも購入することができますね。

メタボリックの商品展開もしてくれるようです。

メタボの人は期待できるかも知れませんね。



おっぱいに内臓脂肪減らす効果 ライオン、商品展開検討

2008年10月10日印刷ソーシャルブックマーク
 ライオンは9日、ヒトや哺乳(ほにゅう)類の母乳に含まれるたんぱく質「ラクトフェリン」に、内臓脂肪を減らす効果があることが分かったと発表した。同社はすでにラクトフェリンを錠剤にした健康食品を通信販売で扱っているが、メタボ対策商品として展開することも検討する。

 京都府立医科大の西野輔翼教授らとの共同研究。30〜62歳の男女26人を半数ずつに分け、片方には1日300ミリグラムのラクトフェリン入り錠剤を、もう片方には成分なしの錠剤を飲んでもらった。8週間後、ラクトフェリン入り錠剤を飲んだ人たちは、残りの人たちに比べ、腹囲が平均3.4センチ、体重が平均2.5キロ少なかったという。

 ラクトフェリンは胃酸で分解されてしまうため、小腸に届いてから溶ける特殊な錠剤にした。ラクトフェリンが小腸まで届くと、内臓脂肪をため込むのを抑える働きがあることが分かった。詳しい仕組みは今後解明するという。


posted by ゴルラ− at 19:42 | Comment(0) | TrackBack(0) | 健康の最新ニュース

中高生「たばこ千円なら吸わない」 

<スポンサードリンク>


また、たばこ一箱¥1000の話題が出てきましたね。

取りやすいところから税金を取るのでしょうから、下準備というところでしょうか。

根本は¥1000だから子供は吸わないと考えるのではなく、体に悪いから吸わない!と教えなくてはいけないことでしょう。

子供のためにタバコを値上げではなく、健康的な国を目指すために。とでもして<日本国民はたばこを吸わない国民!>とでも世界に名乗りを上げて¥1000にすれば、世界中の話題になりますね。



2008年10月8日19時52分印刷ソーシャルブックマーク
 中高生はたばこが1箱千円以上になれば喫煙しないと考えていることが、8日公表された厚生労働省研究班の調査でわかった。未成年の「喫煙ゼロ」を達成するには、「千円以上に大幅な値上げが必要だ」と、研究代表者の大井田隆・日本大学医学部教授らは提言している。

 研究班は07年12月〜今年2月、全国の中学・高校から無作為抽出した計239校を対象に調査票を送付。9万人の生徒から回答を得た。

 調査結果によると、「たばこを吸っている人は1箱いくらならやめると思うか」という問いに、64.5%の生徒が「千円以上」とした。また、現在喫煙していると回答した4546人に「1箱千円になったらどうするか」を尋ねたところ、「同じ本数吸い続ける」は16.4%、「本数を減らす」は12.2%だったのに対し、41.9%が「たばこをやめる」と答えた。

 喫煙率は、中学男子2.3%、女子2.0%、高校男子9.7%、女子4.7%と、いずれも96年時の調査と比べて半分以下まで下がった。大井田教授は「校内を全面禁煙にするなど、社会の禁煙活動が浸透した結果ではないか」としている。

 与党内には、社会保障などの財源として、たばこ税を上げ価格を千円程度まで引きあげる案も出ており、今回の調査は、こうした議論を後押ししそうだ。

posted by ゴルラ− at 21:33 | Comment(0) | TrackBack(0) | 健康の最新ニュース

「生活習慣病予防サイト」ができました。

<スポンサードリンク>


生活習慣病の予防サイトが新たにできました。

生活習慣病予防サイト

詳しい情報が盛りだくさんありますので覗いてみてくださいね。



第一三共が「生活習慣病予防サイト」開設
10月6日12時52分配信 医療介護CBニュース

 糖尿病、脂質異常症、高血圧など生活習慣病への対策が重要となる中、第一三共は、生活習慣病を理解して予防するための健康情報サイト「ヘルシーライフアカデミー」を開設した。生活習慣病の原因や対策、健康的に生活する方法などについて、イラストも交え、分かりやすく紹介している。また、生活習慣病と関係が深い「血管健康度」を簡単にチェックできるようになっている。

 生活習慣病の代表的な病気が、糖尿病、脂質異常症、高血圧で、放置しておくと、動脈硬化という血管の“不調”が起こり、心臓病や脳卒中など生命にかかわる重大な病気につながる危険性が高まる。現在、日本では、糖尿病患者が約1620万人、脂質異常症患者が約3000万人、高血圧患者が約3400万人いるといわれている。

 「ヘルシーライフアカデミー」は、▽生活習慣病についての知識や情報を紹介する「生活習慣コンシェルジュ」▽健康維持や生活習慣病予防など生活に役立つ情報を盛り込んだ「健康生活メソッド」▽代表的な生活習慣病である糖尿病、脂質異常症、高血圧の原因や治療について解説した「What’s生活習慣病」▽慢性腎臓病(CKD)について紹介した「気になる健康ライブラリー」▽「血管健康度」をチェックできる「セルフチェック」-の5つの項目で構成されている。

 「健康生活メソッド」では、生活習慣病を予防する「適食レッスン」と、安全で健康に良い「お手軽&効果バツグン運動」に加え、身長や体重、身体活動レベルなどを基に、2600の動画から自分に合ったレシピを選べる「eヘルシーレシピ」を紹介。生活習慣の改善を支援する内容になっている。

 また、「セルフチェック」では、24の設問に答えると自分の「血管健康度」が分かる「生活習慣チェック」のほか、「血管健康度」から糖尿病、脂質異常症、高血圧、腎臓病の危険度を調べる「疾患チェック」が設けられている。


posted by ゴルラ− at 19:01 | Comment(0) | TrackBack(0) | 健康の最新ニュース
食事療法は家族、とくに奥さんの協力がなくては成立しません。

脂質異常症(高脂血症)の予防レシピも短期間なら実行可能ですが、長期間の実施はなかなか難しいと思います。

そこでまわりに負担のかからない献立として食前キャベツダイエットを実施してみることに。

目からウロコの食前キャベツダイエットなら肥満、三大生活習慣病、脂質異常症(高脂血症)、コレステロール、中性脂肪、悪玉コレステロールはもちろん、動脈硬化やメタボリックシンドロ−ムにも効果絶大ではないかと思います。

ひたすらキャベツを食べまくって結果を出してみますので長い目で応援して下さいね。
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。