脂質異常症(高脂血症)で困っています。
中性脂肪の数値はクリアーなのですが、総コレステロール値をなんとか下げなくてはなりません。
病院でのガイドラインで食事療法と運動療法で治すつもりが、途中で挫折してしまいました。
今年の健康診断でも要受診となってしまいもう後がない状態です。

なんとか健康体に戻るべくがんばってみますので、同じ境遇のあなたも、まだ健康なあなたも予防のために一緒にがんばっていきましょう!

6割「おなか周りを何とか…」=メタボ対策、実行中は4割

<スポンサードリンク>


みなさん、メタボ対策にがんばっているようです。

40代では半数の人が何かしらのスポーツをやっているようですね。

対策の必要な私も自転車こぎをがんばらねばならないのですが、寒くなってきているので風が強く吹いたりして自転車も大変です。

11月には健康診断もあるので、もう体重を落とさなければなりません!

まだあと3キロもオーバー中!

なんとかしなくては!!




6割「おなか周りを何とか…」=メタボ対策、実行中は4割−1000人の意識調査
11月3日13時58分配信 時事通信

 成人男女の約6割が健康のため、おなか周りの脂肪を減らしたいと考え、約4割が実際にメタボリックシンドローム(内臓脂肪症候群)対策を行っている実態が3日、医薬品受託製造大手ロンザジャパン(東京)の調査で分かった。
 7月中旬、20−59歳の男女1000人を対象にインターネット調査を実施。「健康のため改善したいことがある」と回答した871人に質問した。
 改善ポイントを17項目から複数回答で選んでもらうと、57.9%が「おなか周り」を挙げた。次いで「体重」(50.5%)、「体脂肪率」(48.6%)、「中性脂肪」(30.2%)、「内臓脂肪」(30.0%)となり、上位6位を脂肪関連が占め、関心の高さがうかがえた。
 一方、メタボ対策については、871人中、39.2%が実行中と回答。男女年代別では、40代男性の50.0%がトップで、50代女性(48.7%)が続く一方、20代男性が42.1%、30代男性が38.9%が実行中と答えるなど、若い世代にも浸透していると言えそうだ。
 メタボ対策としては、871人中、「定期的なスポーツ」が510人とトップ。具体的には複数回答で、ウオーキング(251人)やフィットネスジム(78人)、ランニング(57人)、水泳(56人)などが多かった。 



posted by ゴルラ− at 20:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | 健康の最新ニュース

断食デトックスは効果があるのか?

<スポンサードリンク>




断食は効果よりもマイナス面が大きいのでは!と思っています。

断食のデトックス効果は証明されていないうえ、栄養摂取の調節機能のバランスを乱しかねないなど、むしろ有害である可能性が高いと指摘する。


絶食しても結局もとの生活にもどれば食事の方も元に戻るやり方では、すぎにリバウンドで元の木阿弥!

断食デトックスを効果のあるものにするには継続しなくてはならないでしょうが、断食を継続することは不可能です。

何事も無理なダイエットと同じで継続できなければ元に戻るのもあたりまえ!

健康を考えるなら、ずっと続けられる方法を考えていかなければ駄目なのではないかと思いますよ!
posted by ゴルラ− at 18:09 | Comment(0) | TrackBack(0) | 健康の最新ニュース

ブドウに血圧下げる効果、マウス実験で確認=米研究

<スポンサードリンク>


ブドウには降圧効果があることが証明されました。

ブドウ好きにとっては嬉しいニュースです。

今年も頂き物のブドウをたくさん食べさせてもらいましたが、これまで以上にスーパーで買ってでも食べたいものです。

ブドウジャムでも効果はあるのでしょうか?



ブドウに血圧下げる効果、マウス実験で確認=米研究
10月30日8時38分配信 ロイター

 10月29日、米研究チームがマウス実験でブドウに血圧降下効果を確認したたと発表。写真は9月にカリフォルニア州で撮影。(2008年 ロイター/Robert Galbraith)

 [シカゴ 29日 ロイター] 米国の研究チームが29日、マウスを使った実験で、ブドウに血圧降下と心機能向上を助ける効果がみられたと明らかにした。
 実験は、ミシガン大の心臓保護研究所のミッチェル・セイモア氏のチームがカリフォルニア州のブドウ栽培業者から一部資金援助を受けて実施。結果を学術誌「老年学ジャーナル:生物科学」で発表した。
 研究チームでは、この結果が高血圧の人に対する効果の確認にもつながればと期待している。

posted by ゴルラ− at 09:14 | Comment(0) | TrackBack(0) | 健康の最新ニュース

都市部の人は「よく歩き、肥満も少ない」 食育白書

<スポンサードリンク>


よく歩く都市部の人の肥満度は少ないことが証明されました。

都市部は電車などの交通機関を使う場合は、必然的に歩かなければ目的地に着かないため、よく歩いていることになるのでしょう。

車を利用する地方の人は、目的地まで車の移動になるので歩く機会が少なくなるため!

やはり健康にはウォーキングが非常に重要な位置を占めているということになりますね。

健康維持には歩くことが最重要なんですね。


都市部の人は「よく歩き、肥満も少ない」 食育白書

2008年10月28日印刷ソーシャルブックマーク
 都市部の人は、よく歩き、肥満の割合が低く、地方は肥満の人が目立つ――。こんな傾向が、政府が28日に閣議決定した08年版食育白書で分かった。1日の歩行数を都道府県別で見ると、2千歩以上の開きがあった。

 1日の歩行数は全国平均で成人男性7525.5歩、成人女性6662.6歩。都道府県別で多い順に、男性が(1)神奈川8371.5歩(2)兵庫8281.2歩(3)東京8237.8歩。女性は(1)高知7777.5歩(2)兵庫7499.8歩(3)神奈川7371.4歩。

 歩行数が少ない順に、男性が(1)高知6173.1歩(2)山形6207.2歩(3)徳島6217.7歩。女性は(1)山形5214.8歩(2)和歌山5842.4歩(3)岩手6005.7歩。内閣府は「地方は車の利用が多いからでは」と分析する。女性で高知が最も歩行数が多いが、高知県健康づくり課は「階段を使うなど健康づくりを推進しているが、理由は分かりません」という。

 肥満の人の割合は全国平均が男性(20〜69歳)29.3%、女性(40〜69歳)26.6%。歩行数が多いところは平均を下回り、歩行数が少ないところは上回る傾向が見られる。

 子どもが「朝食を食べない」割合は、07、08年度とも小学6年生0.8%、中学3年生2.3%で、改善がみられなかった。一方、「毎日食べる」割合は、08年度は小学6年生87.1%、中学3年生81.2%で、それぞれ前年度比0.8ポイント、0.6ポイント増加した。

posted by ゴルラ− at 13:13 | Comment(0) | TrackBack(0) | 健康の最新ニュース

心臓発作、「病院まで自分で運転」3割以上 カナダ

<スポンサードリンク>





心臓の発作になっても自分の車で運転して救急病院へ行く人が3割もいるとのこと。

自分で病院を訪れた患者は、事前に医師に連絡が入る救急車で運ばれた患者に比べ、平均して心電図に5分、血栓溶解薬の投与を受けるまでに最大で1時間余計に待たされる。

 心停止に陥る危険性が最も高いのは心臓発作から1時間以内だという。


発作から一時間以内がもっとも危険ということですから、救急車を使わなければ非常に危険ということになります。

カナダの話ですが、日本でも同じような状態ではないかと思います。


posted by ゴルラ− at 08:39 | Comment(0) | TrackBack(0) | 健康の最新ニュース

休日の高速、千円で走り放題

<スポンサードリンク>


いいニュースです!

休日の高速道路が¥1000で走り放題という、

料金割引案が出てきそうです。

年内にも実施か?なんてことになりそうな感じです。

長距離のドライブでネックの高速代金が¥1000で済むのですから、

行った事のない場所へ行かなくては損ですね。

来年のお正月は帰省にみなさん車を使うことになるかな?

実現したらすごい混雑が予想されますね。

私なら一度入ったら出なくてすむ東名名神を使って関西方面から中国地方まで制覇するのも楽しいですね。、

中央高速から繋がっている新潟県や北陸方面もいいかな〜。





休日の高速、千円で走り放題…ETC限定で政府・与党案
10月29日14時42分配信 読売新聞

 政府・与党が策定を進めている追加景気対策に盛り込む「生活対策」の柱として、休日に全国の高速道路を1回1000円の定額で走り放題とする新たな料金割引案を検討していることが29日明らかになった。

 ノンストップ自動料金収受システム(ETC)機器を装着している普通車が対象で、早ければ年内の実施を目指す。

 料金割引案は、土・日曜、祝日に高速道路に1回入れば、走行距離にかかわらず1000円(1000円を下回る距離は実額)の定額とする。首都高速や阪神高速などは除く見通しだ。家族のレジャーなどで高速道路を利用しやすくする観光振興の効果が期待され、家計への「お得感」を強調することで消費拡大の効果も狙う。

 政府・与党は必要な費用として約5000億円を充てることで最終調整しており、「生活対策」の目玉と位置づけたい考えだ。

最終更新:10月29日14時42分



posted by ゴルラ− at 17:14 | Comment(0) | TrackBack(0) | 健康の最新ニュース

メタボ対策の家庭用健康器具で事故多発

<スポンサードリンク>


フィットネス器具には事故につながる危険なものがあるようです。

取り扱い説明書をよく読んで使用しないと危険が伴うということです。

メタボリックシンドローム体策もお金を掛けてやればいいというものでもないようですね。

ウォーキングや自転車で安全に運動した方がいいのかも知れません。


メタボ対策の家庭用健康器具で事故多発 国民生活センター調べ
10月26日23時14分配信 産経新聞

 健康維持やメタボリックシンドローム対策など、家庭で手軽に運動ができるとして人気が高い家庭用フィットネス(健康)器具の事故が多発していることが、国民生活センターの調べで分かった。スポーツジムなどで使われる器具が手軽な家庭用として普及する一方、原因特定をめぐり、事故品を見れば推定が容易な一般家電の火災事故などと比べ、使用者に対する聞き取りに大きく頼らざるを得ないため、時間がかかるという課題も浮上している。

 同センターのまとめでは、平成15年4月から今月21日までに、健康器具による被害相談は計180件に上った。ほとんどが家庭用で、骨折、やけどのほか、神経や脊髄(せきずい)の損傷など、重傷に至ったものが29件もあった。

 同センターは「事故があっても相談を寄せない人も多い。寄せられた情報はごくわずかで、氷山の一角だろう」とみている。

 一方、経済産業省の調べで、重大な製品事故の報告が義務づけられた昨年5月以降、家庭用フィットネス器具で7件の事故情報が寄せられ、計7人が重傷を負ったことが判明。

 このうち5件は、製品不良によるものか、誤使用によるものかの結論が出ておらず、発生から1年以上たちながら、調査が継続されたままの事案もある。

 先月20日に起きた腹筋を鍛える座いすタイプの器具による事故では、背もたれ部分が急に起きあがり、使用者が鼻骨を折った。

 後方に転倒するのを防ぐ装置に不具合があったとみられるが、詳しい事故状況がメーカーから入ってきておらず、原因もはっきりしていない。

 究明に時間がかかるのは、事故品を見れば事故個所が明らかな一般家電やガス機器の火災事故などと異なり、1人で使うことが多い健康器具の事故は、正しい使い方をしていたかどうかに大きく左右されるうえ、原因調査が使用者への聞き取りに依存する面が大きいためだ。

 使用者が詳しく事故状況を思いだせないこともあり、「そうなると原因調査が困難になる」(経産省製品安全課)。中には、使用者が使用時間の制限や、注意事項を十分に理解して使っていたか疑問が残るケースもあるという。

 家庭用での事故が増えていることについて、同課は「以前は使い方を指導する専属トレーナーのいるスポーツジムにしか置かれていなかった製品が、家庭にも普及するようになったからではないか」と分析。事故防止のためには使用者側の注意も必要として、「取り扱い説明書などをよく読み、使い方をしっかり理解してほしい」と話している。

【用語解説】家庭用フィットネス(健康)器具

 ルームランナーや乗馬型機器、振動マシンなど多岐にわたり、量販店のほか、インターネットやテレビの通販番組を通じて大量に販売される。民間総合調査機関の矢野経済研究所によると、マッサージ機器を除いた家庭用フィットネス機器の市場規模は年々拡大し、今年は206億円(予測値)。

posted by ゴルラ− at 18:35 | Comment(0) | TrackBack(0) | 健康の最新ニュース

マルハニチロHDと島根大、臨床試験でDHA・EPAの人体への影響を調査

<スポンサードリンク>


ドコサヘキサエン酸とエイコサベンタエン酸が認知症に効果があるかもしれません。

生活習慣病の予防に効くものがアルツハイマー症にも役にたつかもしれないというニュースです。

期待できるかも知れませんね。

マルハニチロHDと島根大、臨床試験でDHA・EPAの人体への影響を調査
10月27日13時49分配信 nikkei TRENDYnet

 マルハニチロホールディングスは2008年10月24日、必須栄養素のDHA(ドコサヘキサエン酸)とEPA(エイコサペンタエン酸)が認知機能など健康・長寿に及ぼす影響を調べるため、島根大医学部と連携して65歳以上の高齢者を対象に臨床試験を始めると発表した。

 DHA・EPAは魚油に多く含まれる不飽和脂肪酸で、体内では合成できない。ともに血液の流れを良くし、動脈硬化などの生活習慣病を予防する。DHAは脳神経を活性化させコレステロールを下げる効果が高く、EPAは中性脂肪を減少させる効果が高いとされている。

 調査は島根県川本町在住の認知症と診断されない65歳以上の高齢者を対象に11月から実施。被験食品はDHA850mg、EPA200mgを含むマルハニチロ食品の魚肉ソーセージ「DHA入りリサーラソーセージ」(特定保健用食品)。対照群にはオリーブ油を添加した魚肉ソーセージを用意。それぞれ1〜2年間食べてもらう「二重盲検・並行群間比較試験」で、国内では初めての試みという。

 島根大学医学部の橋本道男准教授らは2004〜2006年にかけ「物忘れと栄養、脂肪酸分析に関する研究」を実施。65歳以上の地域在住老年者286人を対象に、認知機能と赤血球膜脂肪酸組成の関連を解析。認知機能と脂質栄養が密接に関連している可能性が示唆された。(文/平城奈緒里=Infostand)

posted by ゴルラ− at 08:57 | Comment(0) | TrackBack(0) | 健康の最新ニュース

死の時計!めちゃ恐ろしい!

<スポンサードリンク>




<死の時計>なるものがあるんですね。

喫煙での死亡者推定数を刻む時計だそうです。

WHOは、今年度の喫煙による死者数を500万人以上と推定している。これは、結核、エイズ、マラリアによる死者数を合わせた数字よりも大きい。


今年の死者数は500万人に上ると推定されています。

この中のいったい何人分が日本人なんでしょうか?


posted by ゴルラ− at 21:47 | Comment(0) | TrackBack(0) | 健康の最新ニュース

NZでブタの細胞人体移植実験を許可、糖尿病治療開発

<スポンサードリンク>




糖尿病の画期的な治療法が開発され、人体移植への臨床実験がはじまりそうです。

豚のすい臓から採取した細胞を移植する治療法で、

成功すればI型糖尿病に対しては血糖値が正常に保たれるようになる!

治ったことになるわけですからすごい治療法ですね。

問題もあって、豚のウィルスの感染症が広がる懸念があるとのこと!

豚のウィルスの感染症が広まると数百万人が死亡する可能性もあるとのことで、非常に激しい議論が続いているとのことです。


posted by ゴルラ− at 13:28 | Comment(0) | TrackBack(0) | 健康の最新ニュース
食事療法は家族、とくに奥さんの協力がなくては成立しません。

脂質異常症(高脂血症)の予防レシピも短期間なら実行可能ですが、長期間の実施はなかなか難しいと思います。

そこでまわりに負担のかからない献立として食前キャベツダイエットを実施してみることに。

目からウロコの食前キャベツダイエットなら肥満、三大生活習慣病、脂質異常症(高脂血症)、コレステロール、中性脂肪、悪玉コレステロールはもちろん、動脈硬化やメタボリックシンドロ−ムにも効果絶大ではないかと思います。

ひたすらキャベツを食べまくって結果を出してみますので長い目で応援して下さいね。
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。