脂質異常症(高脂血症)で困っています。
中性脂肪の数値はクリアーなのですが、総コレステロール値をなんとか下げなくてはなりません。
病院でのガイドラインで食事療法と運動療法で治すつもりが、途中で挫折してしまいました。
今年の健康診断でも要受診となってしまいもう後がない状態です。

なんとか健康体に戻るべくがんばってみますので、同じ境遇のあなたも、まだ健康なあなたも予防のために一緒にがんばっていきましょう!

男性の3人に1人以上が「メタボ」と自覚 アリババ調査

<スポンサードリンク>


メタボリックシンドロームに関するニュースが出ていました。

メタボの意識調査のニュースで、メタボの認知度は88.3%という数字でした。ほとんどの人が知っていることになります。

また男性で自分がメタボである!と思っている人は36.7%にも達しています。女性は14.6%でした。

対策をしている人は全体の25%程度しかいないこともわかりました。

日本中の男性にメタボが溢れかえっていることになりますね。

以下、ニュースの引用です。


男性の3人に1人以上が「メタボ」と自覚 アリババ調査
12月22日14時32分配信 nikkei TRENDYnet

 企業間電子商取引のアリババ(本社:東京都中央区)が2008年12月19日に発表したメタボリックシンドロームに関する意識調査によると、認知度は全体で88.3%ときわめて高く、自分自身がメタボと思う人は男性の36.7%、女性の14.6%で、男性のほうがメタボ予備軍であると考える傾向が強いことが分かった。

 メタボだと思う人のうち、「確信はないがそう思う」は男性で22.0%、女性で11.3%。理想の腹囲を自由回答形式(数値記入式)で聞いたところ、男性では平均75.6cm、女性では平均63.3cmだった。一方、メタボ対策をしている人は全体の25.0%(男性30.0%、女性20.0%)。対策内容は男性が「定期的な運動」(62.2%)、「定期的な体重測定」(53.3%)、「食事制限」(46.7%)、女性が「規則正しい生活」(56.7%)、「定期的な運動」(53.3%)、「定期的な体重測定」(46.7%)がベスト3だった。

 また「定期的な運動」の内容は男性は「筋力トレーニング」が60.7%、「サッカーや野球などのスポーツ」が32.1%、「ウオーキング」「ランニング」が各28.6%。女性は「ウオーキング」が50.0%、「筋力トレーニング」が31.3%、「サイクリング」が12.5%だった。

 調査は、20〜50代の有職者計300人(男女各150人)を対象に11月25〜26日にインターネットで実施した。(文/平城奈緒里=Infostand)



posted by ゴルラ− at 11:55 | Comment(0) | TrackBack(0) | 健康の最新ニュース

英政府の肥満防止CM!!!

<スポンサードリンク>



肥満防止に対する取り組み方が日本とは違いますね。

日本の何もしない政治家にも読ませたいニュースです。

何もできないなら真似だけでもしてくれると国民のためにはなると思うのですが!

日本も変わらなくては!
posted by ゴルラ− at 08:54 | Comment(0) | TrackBack(0) | 健康の最新ニュース

年末年始はコレステロールに注意!イクラ・数の子…和食でも油断禁物

<スポンサードリンク>


私のコレステロール値に関しては相変わらず危険水域にいます。

来年こそは!と繰り返し挑戦してきましたが改善される様子はなし!

このままでは薬に頼ることになってしまいますので困ったものですが、来年には決断をしなければなりませんね。

その年末、正月にも最所の試練がやってきます。

ケーキ、洋菓子などコレステロールを食べているようなものです。

この記事を読んだらとてもクリスマスのケーキや、正月のおせち料理をのんきに食べている場合ではありませんね。

さて、どうしたものか?

またキャベツダイエットを本気で始めねばならないか?

来年のコレステロール値の目標を立てて運動に食生活の改善にがんばってみなくてはと思います。


年末年始はコレステロールに注意!イクラ・数の子…和食でも油断禁物
12月20日14時28分配信 産経新聞

 忘・新年会など外食が増え、家庭でもごちそうを食べることの多い年末年始。肥満予防でカロリーに気を付けても、食事のコレステロール値を気にする人は少ない。おいしい食事にはカロリーは高くなくてもコレステロールが高いものがあり、知らないうちに「脂質異常症」になる人も。健康で長生きするためにも、この年末年始はごちそうを食べる前のコレステロールチェックをお忘れなく。(平沢裕子)

 脂質異常症は、血液中のコレステロールや中性脂肪など脂質の量に異常がある状態で、以前は「高脂血症」と呼ばれた。放置すると、動脈硬化が進み、脳卒中や心筋梗塞(こうそく)など突然死の危険が高まる。

 心筋梗塞など血管が詰まる病気は、血管を流れるコレステロールが血管の壁にたまるタイプと、血管壁にできた塊(プラーク、粥(じゅく)腫)が破裂して、この血栓が血管を塞ぐタイプがある。前者は血管の状態を調べることで治療が可能だが、後者は前兆がないので心筋梗塞などを発症してからでないと治療できず、突然死となることも多い。

 予防には動脈硬化の主要因である脂質異常症をなくすことが大事だ。ただ、脂質異常症があっても自覚症状はほとんどない。肥満の人に多いとはいえ、見た目は標準体形や痩(や)せている人もいる。異常を指摘されても「肥満ではないから大丈夫」「体調はどこも悪くないから平気」と、従来の食生活を続ける人は多い。

 大阪大大学院医学研究科の森下竜一教授(臨床遺伝子治療学)は「日本人は見た目では米国人のように太った人は少ないが、血液中のコレステロール値は米国人とほぼ同じ。コレステロールの摂取量ではむしろ日本人の方が多いくらいだ」と指摘する。

 森下教授によると、欧米の食事はカロリーは高いものの、コレステロールはそれほどでもない場合が多い。例えば洋菓子のケーキは、日本の方が甘さ控えめで量も少なくヘルシーな感じがするが、実際は生クリームをたくさん使っているので、コレステロールが高くなることも。また、日本人は霜降り肉を好むが、赤身に比べてコレステロールが多く、食べる量が少なくても多量のコレステロールを摂取することになる。

 さらに、揚げた即席麺(めん)や電子レンジで再加熱した揚げ物には、質の悪いコレステロールが多く含まれており、LDL(悪玉)コレステロールを増やす原因になっている。「食事は量だけでなく、質を考えることも必要」と森下教授は忠告する。

 和食は洋食よりもコレステロールが少ないと考えられがちだが、材料によっては洋食以上のコレステロールを含むことも。タラコやイクラ、数の子、子持ちシシャモなどの魚卵、アナゴやウナギ、シラス、メザシなどの魚はコレステロールが高い。もちろんバターや卵、生クリームをたっぷり使った洋食や洋菓子、中でもケーキやプリン、アイスクリームは少量でもコレステロールが高いので注意が必要だ。また、イカもコレステロールが多いが、コレステロール低下作用があるタウリンというアミノ酸を多く含むので、それほど気にしなくてもいい。

 管理栄養士で女子栄養大栄養クリニック主任の蒲池桂子准教授は「おいしい食事にはコレステロールが高いものが多い。忘年会やクリスマスのごちそうを食べる前にはぜひ、含まれるコレステロール値を考えてほしい」と注意を呼びかけている。

posted by ゴルラ− at 09:02 | Comment(0) | TrackBack(0) | 健康の最新ニュース

妊娠中の喫煙、子どもの動脈を損傷する可能性

<スポンサードリンク>


妊娠中の喫煙は胎児にかなりの悪影響がでるようです。

女性の喫煙者が増加中のようで、子供のスポーツの世話で学校へ来ている女性が男性と一緒に校門の外でたばこを吸っているところをよく見かけますね。

あまりいい風景ではなく近くを通るのにも息を止めなくてはならないので困ってしまいます。

早く一箱¥1000になって欲しいものです。

妊娠中の喫煙、子どもの動脈を損傷する可能性=研究
11月20日10時28分配信 ロイター


拡大写真
 11月19日、妊娠中の喫煙が子どもの動脈を損傷する可能性のあることが分かった。写真は9月にロンドンで撮影されたタバコに火を着ける女性(2008年 ロイター/Suzanne Plunkett)
 [ワシントン 19日 ロイター] 妊娠中の喫煙により子どもの動脈に損傷が生じる確率が高まり、心臓発作や卒中になりやすくする可能性があると、オランダの研究者らが19日発表した。
 妊娠中の喫煙についてはこれまでにも、出生時の低体重など幾つかの健康リスクが研究で確認されている。
 専門誌「Arteriosclerosis, Thrombosis and Vascular Biology」に発表された研究は、オランダの若年層732人(平均年齢28歳)を対象に実施。うち29%は母親が妊娠中に喫煙していた。
 超音波検査で頚動脈の内壁の厚みを測ったところ、喫煙者から生まれた人は3%厚かった。動脈の内壁が厚いのは動脈硬化につながる兆候と指摘されている。
posted by ゴルラ− at 06:40 | Comment(0) | TrackBack(0) | 健康の最新ニュース

世界糖尿病デーなるものがあるそうです。

<スポンサードリンク>

11月14日は<世界糖尿病デー>!

世界の1000箇所もの建造物が青くライトアップされたそうです。

ピンク色は乳がんの色、糖尿病はブルー!

病気にも色があるようで、乳がんはピンクでぴったり!

糖尿病はブルー!

他の病気の色も決まっているのかな?


世界糖尿病デー 都庁など50カ所が青くライトアップ
11月14日19時57分配信 毎日新聞


拡大写真
世界糖尿病デーに合わせて青くライトアップされた国宝・瑠璃光寺五重塔=山口市香山町で2008年11月14日午後5時56分、野田武撮影
 「世界糖尿病デー」の14日、東京都庁(新宿区)、東京タワー(港区)など国内約50カ所の建造物が青くライトアップされた。90を超す国・地域の約1000カ所の名所や建造物でも次々と点灯され、糖尿病対策を呼び掛けた。

【写真特集】世界糖尿病デー 青くライトアップされた日本の名所

 11月14日は、1921年に血糖値を調節するホルモン「インスリン」を発見したカナダ人医師、フレデリック・バンティングの誕生日。国連は06年、糖尿病対策に積極的に取り組む決議を採択し、この日を世界糖尿病デーと定めた。青は運動のシンボルカラーで、世界をつなぐ青空などを意味する。

 2度目の記念日となった今年は「子どもの糖尿病対策の推進」をテーマに掲げている。都庁の周辺では、集まった医師や患者が点灯とともに拍手し、糖尿病の予防や治療の強化を求めた。日本には1870万人の患者と予備群がいると推定されている。【永山悦子】

posted by ゴルラ− at 13:50 | Comment(0) | TrackBack(0) | 健康の最新ニュース

シックハウス症候群を防げるか、近畿大・京大が有毒物質を吸収する植物を開発

<スポンサードリンク>




植物でホルムアルデヒドを吸収することができるようになりそうです。

新築の家や改築した家などには観葉植物をおいて吸収してもらえれば一石二鳥の効果が得られます。

遺伝子を組み替えていけばどんなことも可能になる時代が目の前にきていますね。

将来は病気の種類も減ってくれるのかも知れません。
posted by ゴルラ− at 20:35 | Comment(0) | TrackBack(0) | 健康の最新ニュース

MP3プレーヤーのヘッドフォン、ペースメーカーなどに干渉の可能性

<スポンサードリンク>



それほど危険とは知りませんでした。

重大な結果にならないうちに、注意を呼びかけないと危険ですね。

機器によって影響のないものもあるので、難しそうです。


研究チームは、別の研究結果から、米アップル(Apple)の「iPod」などのプレーヤー本体や携帯電話端末アイフォーン(iPhones)、ブルートゥース(Bluetooth)」対応ワイヤレス・ヘッドホン、電気毛布、空港で使用される携帯型金属探知機などは、ペースメーカーや植え込み型除細動機には影響しないとしている。


posted by ゴルラ− at 13:28 | Comment(0) | TrackBack(0) | 健康の最新ニュース

<肥満>遺伝子持っていても、やせられる 東北大が調査

<スポンサードリンク>


肥満は遺伝子だけで起こっているのではない!ということです。

肥満遺伝子があろうとなかろうと、生活習慣で変化してしまうのです。

日頃の努力が大事になりますね。


<肥満>遺伝子持っていても、やせられる 東北大が調査
11月8日20時39分配信 毎日新聞

 肥満になりやすい遺伝子変異を持っている人でも、持たない人と同等にやせられることを、栗山進一・東北大准教授(公衆衛生学)らが調査で示し、米医学誌「メタボリズム」電子版に発表した。遺伝子を調べて肥満体質の型を判断し、効率的な減量法を指導する「遺伝子ダイエット」が話題だが、栗山准教授は「現時点で科学的根拠があるとは言いがたい」と指摘する。

 調査は、福島県内で実施した減量教室参加者のうち同意が得られた40〜60代の37人(男性9、女性28)に対して、「β3アドレナリン受容体遺伝子」の変異の有無と減量の関係を調べた。同遺伝子は代表的な肥満関連遺伝子で、これに変異がある人は変異がない人に比べて基礎代謝が低いため、肥満になりやすいとされている。

 被験者のうち、変異があったのは12人。肥満の程度を示すBMI(体格指数、25以上が「肥満」)は、「変異あり」群の平均が25.6、「変異なし」群は24.8だった。

 全員に対して保健師や管理栄養士が6カ月間、食生活や運動を指導した結果、変異あり群の体重は平均2.52キロ減り、BMIは1.08減った。一方、変異なし群は体重1.89キロ減、BMI0.8減という結果で、両群の間に統計的に意味のある差はなかった。

 栗山准教授は「遺伝子変異の有無にかかわらず、同じ方法で同程度の減量ができた。遺伝子変異だけが肥満を起こすわけではなく、両者の関係にはまだ議論がある」と話す。【大場あい】


posted by ゴルラ− at 16:33 | Comment(0) | TrackBack(0) | 健康の最新ニュース

韓国料理は成人病・肥満予防に効果的

<スポンサードリンク>


コチュジャン(トウガラシみそ)やテンジャン(みそ)は、肥満予防効果が著しくあるとのことです。

辛い料理が嫌いな私は日本人用のキムチにしても辛くて苦手です。

韓国伝統料理がこんなに成人病や肥満防止に役に立っているとは知りませんでした。

食べて痩せられるのならこんなにいいことはないので、

これからもっと積極的に食べなくてはいけませんね。




韓国料理は成人病・肥満予防に効果的、官民共同調査
11月5日15時9分配信 YONHAP NEWS

【ソウル5日聯合】洋食に比べ韓国伝統料理は成人病、肥満の予防や生殖機能改善などに役立つとの研究結果が出た。農林水産食品部が5日、全北大学医学部と共同で5〜10月に韓国料理や伝統食品の優秀性に関する臨床実験を行った結果、こうした効果を確認したと明らかにした。
 実験では対象者を2グループに分け、韓国料理と洋食の摂取に伴う変化を調査した。その結果、韓国料理を食べたグループでは精子の運動性が向上し、男性ホルモンが増加した。

 また、ビビンバやキムパプ(のり巻き)など代表的な韓国料理を食べたグループは炭水化物摂取量が多くても、フライやハンバーガーなど洋食を摂取したグループに比べ血糖値やインスリン値が低く、糖尿病など成人病のリスクが相対的に小さいことがわかった。

 韓国料理に欠かせないコチュジャン(トウガラシみそ)やテンジャン(みそ)は肥満予防にも著しい効果があった。コチュジャン・テンジャン摂取グループの体脂肪と腹部・内臓脂肪の変化を12週間にわたり観察した結果、コチュジャン摂取グループは中性脂肪、テンジャン摂取グループは内臓脂肪がそれぞれ減少した。


posted by ゴルラ− at 22:47 | Comment(0) | TrackBack(0) | 健康の最新ニュース

アメリカの子供は薬漬けになっているのか!

<スポンサードリンク>




アメリカでは子供が慢性的な病気で薬漬けになっているようです。

糖尿病やぜんそく、注意力欠如障害、多動性障害、抗うつ剤までもが処方されていて、前年度を大幅に上回って増加中とのこと。

食事の問題から社会的な問題まで様々な原因があるのでしょうが、病んでいる国はこれからもますます病んでいきそうな感じです。

日本の未来を見るようで恐ろしいですね。
posted by ゴルラ− at 18:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | 健康の最新ニュース
食事療法は家族、とくに奥さんの協力がなくては成立しません。

脂質異常症(高脂血症)の予防レシピも短期間なら実行可能ですが、長期間の実施はなかなか難しいと思います。

そこでまわりに負担のかからない献立として食前キャベツダイエットを実施してみることに。

目からウロコの食前キャベツダイエットなら肥満、三大生活習慣病、脂質異常症(高脂血症)、コレステロール、中性脂肪、悪玉コレステロールはもちろん、動脈硬化やメタボリックシンドロ−ムにも効果絶大ではないかと思います。

ひたすらキャベツを食べまくって結果を出してみますので長い目で応援して下さいね。
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。