脂質異常症(高脂血症)で困っています。
中性脂肪の数値はクリアーなのですが、総コレステロール値をなんとか下げなくてはなりません。
病院でのガイドラインで食事療法と運動療法で治すつもりが、途中で挫折してしまいました。
今年の健康診断でも要受診となってしまいもう後がない状態です。

なんとか健康体に戻るべくがんばってみますので、同じ境遇のあなたも、まだ健康なあなたも予防のために一緒にがんばっていきましょう!

コレステロールの常識 コレステロール値が高いほどガンになりやすい?

<スポンサードリンク>

コレステロールの常識 
コレステロール値が高いとガンになりやすいのか!ですが、これは大きな間違いのようです。この間違いはあまりテレビでも聞いたことがありません。

ガンは日本人の死亡原因のトップに君臨している恐ろしい病気で、毎年30万人もの人が、治療のかいなくガンで死亡しています。

中でも大腸ガンや乳ガンが増えてきていますが、これは脂肪をたくさん摂る欧米型の食生活と関係があるとされて、《コレステロール値が高いとガンになりやすい》というイメージが出来上がってしまっています。

しかし、研究の結果、事実としてコレステロール値がある程度高い人の方が、発ガンリスクやガン死亡のリスクは少ないという報告が多くされているようです。

アメリカでの研究によると、コレステロール値が190未満の人は、280以上の人に比べてガンの死亡率は2.1倍、発症率は1.6倍程度高いという報告があります。

日本でも1994年の報告で、180未満の人に比べて220以上の人は、ガンの死亡危険度が男性で5割、女性でも3割減少したとの報告があります。

このことからコレステロール値が低いとガンが増えるというのは確実になっているようで、常識は大きな間違いだと言い切れるようです。

なで、コレステロール値が低いとガンになりやすいのか?
これは体内では、遺伝子の変異は頻繁に起こっていて、常に微小なガン細胞が出来ているのです。何の症状もないし画像検査でも見つけることはできないのですが、死亡して解剖すると初めて見つかる微小なガンがあるのです。

この潜在ガンは生命に別状のないガンですが、次々にガン細胞が出来ているにもかかわらず、生命には影響がないのは、免疫の機能によってガンの増殖を血液中の白血球やリンパ球が防いでいるからに他なりません。

ところがコレステロール値が下がっていると、大事な免疫機能が低下してしまいます。コレステロール値が下がると細胞の働きも低下してしまい、キラーT細胞やNK細胞などのリンパ球もマクロファージも働けなくなってしまう訳です。

このように、コレステロール値が低いと免疫機能が低下してしまい、ガンの他にも結核や肺炎のような感染症にもかかりやすくなるのです。日本の平均寿命が世界一の長寿国になれたのは、本当はコレステロールのおかげなんですね。

もっとコレステロールの本当の役割や重要性をしっかりと教育しなおしてほしいものですね。


posted by ゴルラ− at 12:04 | Comment(0) | TrackBack(0) | コレステロール値の疑問!

コレステロールの常識 コレステロール値が高いと心筋梗塞になりやすい!

<スポンサードリンク>

コレステロール値が高くなるほど冠動脈疾患になりやすくなるという常識。

冠動脈疾患には、心臓を収縮させて血液を送り出す筋肉、心筋の表面を走る血管が詰まって心筋組織が死んでしまう心筋梗塞と、冠動脈が狭くなって胸痛や息苦しさといった症状があらわれる狭心症があります。
欧米ではコレステロール値が高くなるほど、この冠動脈疾患の心筋梗塞や狭心症になりやすいことが疫学的に裏づけられているため、日本でもコレステロール値を下げる治療が常識となっていました。

しかし、日本人にはこの常識がすこし当てはまっていないんはないか、という意見がでてきました。

戦後の日本人のコレステロール値は一貫して上昇しているのに、心筋梗塞による死亡率は減少してきているためです。
脂肪の摂取量が増え続けてコレステロール値が上昇しているのに、日本人はなぜ心筋梗塞の死亡率が増えないのでしょうか。

どうも日本人はコレステロール値が高くても、動脈硬化が欧米の人と違いそれほど進まないような体質があるようです。

それはどうも、生活習慣の違いからくるようです。

魚をよく食べる習慣で、魚の脂を多く摂ることで、血液中の血小板を固まりにくくする作用があるので、血栓ができるのを予防してくれるのです。このために心筋梗塞が起きにくくなってくれるのです。

米などの穀類を多く食べる習慣も、エネルギー摂取量に占める脂肪の割合が低いので肥満になりにくく、内臓脂肪型肥満が進むほど動脈硬化の症状があらわれるので、炭水化物を多く摂る日本人には肥満の防止に役立つようです。

魚と穀類をたくさん食べて肥満を防ぎながらの生活習慣を続けていくことが、心筋梗塞の予防にもつながってくれるのです。
タグ:心筋梗塞
posted by ゴルラ− at 23:53 | Comment(0) | TrackBack(1) | コレステロール値の疑問!

コレステロールが不足したらどうなる?

<スポンサードリンク>

コレステロールを下げ過ぎてしまった場合はどうなるのか?

極端にコレステロールが不足してしまった場合は、コレステロールが一番たくさん集まっている脳に問題が起こります。

神経細胞のセントロニンという神経伝達物質の受容体は、身体中の刺激を脳に伝えたり、脳からの指令を伝えたりします。この機能が悪くなり神経の伝達がうまくいかなくなります。

またコレステロール値が低い場合、うつ病にかかりやすくなってしまいます。その他にも、筋肉細胞では筋肉の収縮に支障が出てしまうし、肝臓では各種たんぱく質を作る機能が低下します。副腎ではホルモンを作る作用が低下、リンパ球なら病原体などを退治する免疫機能が悪化します。

細胞にとってコレステロールは非常に重要な物質であるので、足りなくなれば身体全体が支障をきたしてしまします。生命活動にも影響が出てしまうため、体内には、この重要なコレステロールの量を一定に保つ機能があります。

体内でもコレステロールは合成されています。最も多く合成しているのは肝臓で、小腸や筋肉の細胞でも少量は作られたりしています。

このようにコレステロールは人体にはかかせない非常に重要な物質であり、コレステロール値が低すぎれば大きな問題が生じてしまうのです。

posted by ゴルラ− at 00:27 | Comment(0) | TrackBack(0) | コレステロール値の疑問!

コレステロール値の常識のウソ

<スポンサードリンク>

今回もコレステロール値の疑問について考えます。

今日から読みはじめた本です。
あきらかに、コレステロール値に対しておかしいと書いてあります。
コレステロール値が低ければ低いほどよい!という考え方は大きな間違い、誤解であるとし、コレステロールは人体に摂って有害な物質ではなく、むしろ極めて重要な役割をはたしているとしています。

コレステロール常識のウソ、ホント 田中秀一 著
知ってビックリ!正しい知識と診断基準

お医者さんも教えてくれないコレステロールの正しい知識!
2000万人とも3000万人ともいわれる高コレステロール血症患者。
しかし治療が必要なのはその一部でしたかない。
科学的根拠がとぼしい診断基準、1000人に2人しか心筋梗塞の予防効果が現れない薬、摂り過ぎると身体に有害なリノール酸を薦める食事療法‥‥‥。
新聞協会賞受賞の医療ジャーナリストが鋭く追求!

この本も鋭いところをついています。
読みはじめたばかりなのですが、《日本人全員がコレステロール恐怖症》に陥っているとの表現にはうなずいてしまいました。

じっくり読んで、コレステロールとの付き合い方を教えてもらおうと思います。
posted by ゴルラ− at 21:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | コレステロール値の疑問!
食事療法は家族、とくに奥さんの協力がなくては成立しません。

脂質異常症(高脂血症)の予防レシピも短期間なら実行可能ですが、長期間の実施はなかなか難しいと思います。

そこでまわりに負担のかからない献立として食前キャベツダイエットを実施してみることに。

目からウロコの食前キャベツダイエットなら肥満、三大生活習慣病、脂質異常症(高脂血症)、コレステロール、中性脂肪、悪玉コレステロールはもちろん、動脈硬化やメタボリックシンドロ−ムにも効果絶大ではないかと思います。

ひたすらキャベツを食べまくって結果を出してみますので長い目で応援して下さいね。
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。