脂質異常症(高脂血症)で困っています。
中性脂肪の数値はクリアーなのですが、総コレステロール値をなんとか下げなくてはなりません。
病院でのガイドラインで食事療法と運動療法で治すつもりが、途中で挫折してしまいました。
今年の健康診断でも要受診となってしまいもう後がない状態です。

なんとか健康体に戻るべくがんばってみますので、同じ境遇のあなたも、まだ健康なあなたも予防のために一緒にがんばっていきましょう!

コレステロールの基準値の疑問!

<スポンサードリンク>

コレステロールに薬はいらない 浜 六郎 著

コレステロールについて今読んでいる本です。
非常に興味深い点が多々あり、脂質異常症で通院、投薬を受けている方は読むべき本だと思います。読んでみれば、コレステロール低下剤の薬を飲むことが恐くなることでしょう。


2007年4/27に日本動脈硬化学会が新ガイドラインを発表、高脂血症という名前で呼ばれていた疾患名を、突然脂質異常症という名前に変更するという方針を打ち出しました。

名前の変更はどうでもいいことなのです。

問題があるのは、総コレステロール値を予防や診療の基準にするのをやめたことです。

総コレステロール値が220以上は高脂血症として病気であり、病人として治療をしてきたのに、この変更で病気ではないことになってしまいました。

ここ何年も健康診断で総コレステロール値が高いといわれ続けてきて、再検査、高脂血症教室などの講習へ通ってきたのは何だったのでしょうか。

去年までは病人で、4/27からは健康体になってしまったことになるのです。

悪玉コレステロールは140以上、善玉コレステロール値は40未満、トリグリセライド(中性脂肪)は150以上という数値はなにも変わっていません。

ということは、総コレステロール値が220以上は病気であるというガイドラインは間違っていたということになるわけです。

もし投薬を受けていたなら、止めてもいいということになります。

非常に恐ろしい変更だと思うのはおかしなことでしょうか?

もし私が投薬を受けていたら、病気でもないのに副作用のある恐ろしい薬を飲んでいたことになります。飲まなくて良かったと思います。


posted by ゴルラ− at 22:14 | Comment(0) | TrackBack(0) | コレステロールと中性脂肪

コレステロールを下げるとガンの危険度が高まる!

<スポンサードリンク>

コレステロールに薬はいらない 浜 六郎 著

この本によると、コレステロールについては、今まで勉強してきたこととまったく逆の考え方を教えてくれます。

コレステロール値が高くて健康診断でチェックを受けてしまい悩んでいたことが、まったく問題ないと思えるようになります。

基本的にコレステロールを悪者とは考えていない本であり、今までの逆の考え方、コレステロールは高めの方が、健康で長生きできる!というびっくりした考え方です。

私のコレステロール値である240という数字は、深刻に考えてしまうことはまったくないという数字になります。

統計学からデータを駆使して、コレステロールの高めの人と低めの人の死亡する原因についての病名などを詳しく調べてあります。

データからは、あきらかにコレステロールの高めの人の長生きの証拠が見つかります。逆に低コレステロールの人ほど、ガンなどで死んでいく確率は高いようです。

いま現在、コレステロール低下剤を飲んでいる方は、この本を読んでみることをお薦めします。

飲むのは恐くなるような内容ですから、心して読まれることをお薦めしますね。



*****************************************
2007/4/25 日本動脈硬化学会より発表があり《高脂血症》という呼び名を改め、
脂質異常症という名前に変更になりました。
******************************************

posted by ゴルラ− at 23:53 | Comment(0) | TrackBack(0) | コレステロールと中性脂肪

コレステロールは悪者か、その3

<スポンサードリンク>

コレステロールの三つ目の役割は、胆汁酸の原料になるということです。

胆汁酸は油脂の消化に欠かせない消化液です。胆汁酸が欠乏すると、食事から摂った油脂成分を体内でうまく活用できなくなり、消化不良や栄養不足、エネルギー不足に陥りやすくなります。

さらに、食事からのコレステロール摂取不足が起こりやすくなり、低コレステロールになる、という悪循環に陥る可能性も考えられます。

コレステロールは、三つの重要な働きをしており私たちの身体になくてはならない不可欠の物質なのです。

そのために身体の中のコレステロールの七割以上は、私たち自信の体内で生産されているのです。食べ物から摂取するコレステロールは三割に過ぎません。


このコレステロールと病気はどのように関係しているのでしょうか。

コレステロールが多くなる脂質異常症になってしまうと、病気としては、心筋梗塞が増えてしまいます。

逆に脳卒中や肺炎などの感染症、ガンなどは、コレステロールが低くなることでより多く発生するような傾向があることがわかってきています。

結論として、コレステロールを薬剤で無理に引き下げてしまうことは、健康な人をわざわざ不健康にしてしまうという作用があるのです。


*****************************************
2007/4/25 日本動脈硬化学会より発表があり《高脂血症》という呼び名を改め、
脂質異常症という名前に変更になりました。
******************************************
posted by ゴルラ− at 01:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | コレステロールと中性脂肪

コレステロールは悪者か、その2

<スポンサードリンク>

コレステロールの第二の働きは、男性ホルモン、女性ホルモン、抗ストレスホルモンである副腎皮質ホルモンなど、5種類の重要なホルモンの原料になることです。

原料となるコレステロールが少なくなると、これらのホルモンの欠乏状態が起こります。男性ホルモンや女性ホルモンは男性らしさ、女性ホルモンは男性らしさ、女性らしさの元になるので、不足すると問題がおこります。

コレステロール値の低下による男性ホルモンの不足で、男性は性機能障害がおこります。

また副腎皮質ホルモンは抗ストレスホルモンの一種です。抗ストレスホルモンは、難しい仕事や複雑な人間関係、などの環境の変化に対応するために分泌されます。

ですから、会社の繁忙時などストレスがかかる中、あるいはストレスがかかった後の健診ではコレステロール値は高く出てしまいます。

そんな状態なのに診断は脂質異常症として診断され、コレステロール低下剤が出た場合は、ストレスと戦っているホルモンが原料を失うことになって生産できなくなってしまいます。

そのため力が出ず、消極的になってうつ病になりやすくなる可能性があります。コレステロール値の著しく低い人に自殺やうつ病、事故などが多いのは、この点が問題のようです。


*****************************************
2007/4/25 日本動脈硬化学会より発表があり《高脂血症》という呼び名を改め、
脂質異常症という名前に変更になりました。
******************************************
posted by ゴルラ− at 01:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | コレステロールと中性脂肪

コレステロールは悪者か!

<スポンサードリンク>

コレステロールは動脈硬化の原因といわれ、悪者の代名詞のようになってしまいました。

本当にそうなんでしょうか!

コレステロールのおもな役割3つあります。

第一は、神経や筋肉をはじめ全身を構成するあらゆる細胞、そしてその細胞を覆っている細胞膜と細胞内のさまざまな膜成分の材料となります。

脳内や全身に張り巡らされている神経は細胞膜の延長ですので、コレステロールがたくさん含まれています。

神経が正常に動くためにもコレステロールは必要不可欠となるのです。

ですので、コレステロール低下剤で不必要にコレステロール値を下げると、脳や神経の働きや活性が失われてしまい、結果として神経障害やうつ病、自殺なども増えてしまう傾向があります。

初期のガン細胞を退治してくれる大事な免疫細胞の膜にもコレステロールが必須です。

ということは、コレステロール値を必要以上に下げることは免疫の活性を鈍らせてしまうことにもなってきます。

胎児や子供の成長など知能や精神の発達には、盛んな細胞分裂と神経の発達が欠かせません。母乳や特に初乳にはコレステロールがたくさん含まれているのは、赤ちゃんには絶対必要だからです。

したがって妊娠中や妊娠を望む女性、授乳中の女性にコレステロール低下剤は不要であり、厳禁といってもいいかもしれません。


posted by ゴルラ− at 14:44 | Comment(0) | TrackBack(0) | コレステロールと中性脂肪

コレステロールに善玉と悪玉があるのは!

<スポンサードリンク>

善玉コレステロール悪玉コレステロールという言葉はよく聞きますが、コレステロール自体に善玉と悪玉があるわけではありません。

LDLを悪玉コレステロールといい、HDLのことを善玉コレステロールと呼んでいますが、これはLDLがコレステロールを全身の組織に運搬する役割をしているのに対して、HDLはあまったコレステロールを回収するという役割をしているので、一般的に悪玉、善玉と分けられているのです。

コレステロールを運搬するLDLが過剰に増えてくると、結果的には血液内のコレステロール量が増加してしまいます。そのため血液内のコレステロールが血管内に溜まることになり、体に非常に悪影響をおよぼす動脈硬化を引き起こしてしまうことになります。

その反対に、あまったコレステロールを回収する機能のHDLが血液内に多くなると、血液中のコレステロール量が過剰にならずにすむことになります。

この関係から、もしコレステロールを回収するHDLが減少してしまった場合には逆に血液中のコレステロール量が増えてしまいます。

ですのでコレステロールの運搬役の悪玉LDLと回収役の善玉HDLのバランス関係が一番重要なこととなるのですね。

**************************************************************
2007/4/25 日本動脈硬化学会より発表があり《高脂血症》という呼び名を改め、
脂質異常症という名前に変更になりました。
**************************************************************
posted by ゴルラ− at 11:35 | Comment(0) | TrackBack(0) | コレステロールと中性脂肪

水に溶けない脂質は血液にも溶けないのか!

<スポンサードリンク>

コレステロールや中性脂肪は油なので水には溶けないのですが、血液中に存在できるのは、別の形に姿を変えているからです。

血液中にはリン脂質という脂質があり、これは水と油の中間的な性質をもっています。コレステロールや中性脂肪をこのリン脂質が包み込んでくれているので、水に溶けやすくなっています。
さらにアポタンパクと呼ばれる特殊なタンパク質がコレステロールや中性脂肪包むことによって、もっと水になじむようになっています。

この包まれた球状の脂質のかたまりをリポタンパクといいます。

脂質はそのままの形では血液の中に溶け込めないので、リン脂質とアポタンパクがリポタンパクという形に変形することで血液中を移動出来るようになるのです。

リン脂質とアポタンパクで包まれたリポタンパクという段ボールが血管に中を運ばれているような感じです。

このリポタンパクは5種類に分けられます。

1.カイロミクロン
ほとんど中性脂肪で、食物から吸収した脂質を肝臓や組織へ運ぶのが役目です。

2.VLDL
超低比重リポタンパクと呼ばれます。
肝臓で合成され中性脂肪が半分をしめています。
肝臓で合成された脂質を抹消組織に運ぶのが役目です。

3.IDL
中間比重リポタンパクと呼ばれ、VLDLが変化したものです。
最後にはLDLになっていきます。

4.LDL
低比重リポタンパクとよばれ、コレステロールが半分近くをしめています。
コレステロールを全身の組織へ運ぶ役割をしています。
悪玉コレステロールの代表です。

5.HDL
高比重リポタンパクと呼ばれ、リン脂質が半分をしめています。
血液中や各組織から余分なコレステロールを回収して肝臓に運ぶという役割をしています。
善玉コレステロールの代表です。



*******************************************
2007/4/25 日本動脈硬化学会より《高脂血症》という呼び名を改め、
《》脂質異常症《》という名前に変更になりました。
*******************************************
posted by ゴルラ− at 23:45 | Comment(0) | TrackBack(0) | コレステロールと中性脂肪

コレステロールの正体はなんだ!

<スポンサードリンク>

コレステロールとは何なんでしょう!

コレステロールは悪者のイメージが強いのですが、実は生きていく上でとても重要な、なくてはならない物です。

身体の血液の中だけではなく、脳や脊髄、肝臓、副腎、皮膚、筋肉などにも含まれていて、身体全体に分布しています。

コレステロールは食物として体外から取り入れる場合と体内でもつくられています。一日あたり必要なコレステロールの量は1グラムから2グラム程度で、食事から取り入れる量は3分の1程度です。

健康な人の場合は体内のコレステロール量は常に一定に保たれています。食事によってコレステロ−ルを多く取り過ぎると、体内でつくられる量が自動的に減少して、同時に余分なコレステロールが肝臓から胆汁として排出されるようになっています。

しかしこの調節する機能は年齢をとるにしたがって衰えてきてしまうので、高齢者ほど体内のコレステロール量は増えてくることになります。

このコレステロールは大きく分けると三つの役割をもっています。

1.細胞膜の構成成分

人の細胞の膜はコレステロールの二重の膜で守られています。
この膜は細胞の外と内を隔てている膜ですが、栄養分などの必要な物質を通す複雑な構造をもっています。なので細胞膜が弱ってしまうと細胞自体が正常に動かなくなってしまいます。

2.副腎皮質ホルモンや性ホルモンの材料にもなっています。

3.胆汁酸の材料にもなります。

胆汁酸は消化液である胆汁の主成分で肝臓でつくられます。
胆汁は十二指腸に分布されて脂肪を消化する機能があります。
脂肪分を消化した胆汁酸の大部分は、再び肝臓で胆汁として再利用されます。
再利用されなかった胆汁は体外へ排出されます。
そのため病気で体外へ胆汁が排出するころが難しくなったりすると、血中のコレステロール量は増加してしまいます。

コレステロールは以上のような重要な役割があります。

適度な量ならば非常に大切な物質ですが、量が多くなってしまった場合は身体には悪影響が起こってしまいます。



*******************************************
2007/4/25 日本動脈硬化学会より《高脂血症》という呼び名を改め、
《》脂質異常症《》という名前に変更になりました。
*******************************************


posted by ゴルラ− at 22:17 | Comment(0) | TrackBack(0) | コレステロールと中性脂肪

脂肪は悪者ではない

<スポンサードリンク>

生活が豊かになって飽食の時代になりました。

重要なエネルギー源である中性脂肪は余ってしまい、溜まりやすくなります。そしてその先には肥満が待っています。

肥満は生活習慣病の大きな要因になってしまうため、この中性脂肪は悪者のような扱いを受けています。

しかし、この中性脂肪を代表とする脂肪は炭水化物やたんぱく質と同じように、生きていくためにはなくてはならないものです。

肥満の元といわれる中性脂肪も、皮下脂肪として体温が失われることを防いだり、衝撃を緩和してくれる役目もあります。

悪者の内臓脂肪でも臓器が勝手に動かない様に抑える役目をもっていて、この脂肪の仲間の総称である脂質なしでは生きられない、人にとって必要不可欠なものといえます。

血液中の脂質の仲間は4種類あります。

1.コレステロール
細胞膜の構成成分で副腎皮質ホルモン、胆汁酸の原料になります。

2.中性脂肪
脂肪細胞や肝臓に蓄えられて貯蔵用のエネルギーになっています。

3.遊離脂肪酸
中性脂肪のままではエネルギーにならないため、中性脂肪は必要に応じて遊離脂肪酸に分解されて血液中に放出されます。そして体内各所の細胞でエネルギーとして消費されます。

4.りん脂質
コレステロールと一緒で細胞膜の主要な構成成分です。水になじむ性質のため、水に溶けにくい他の脂質を包んで血液中を運ぶ役割があります。





*******************************************
2007/4/25 日本動脈硬化学会より《高脂血症》という呼び名を改め、
《》脂質異常症《》という名前に変更になりました。
*******************************************


posted by ゴルラ− at 23:37 | Comment(0) | TrackBack(0) | コレステロールと中性脂肪
食事療法は家族、とくに奥さんの協力がなくては成立しません。

脂質異常症(高脂血症)の予防レシピも短期間なら実行可能ですが、長期間の実施はなかなか難しいと思います。

そこでまわりに負担のかからない献立として食前キャベツダイエットを実施してみることに。

目からウロコの食前キャベツダイエットなら肥満、三大生活習慣病、脂質異常症(高脂血症)、コレステロール、中性脂肪、悪玉コレステロールはもちろん、動脈硬化やメタボリックシンドロ−ムにも効果絶大ではないかと思います。

ひたすらキャベツを食べまくって結果を出してみますので長い目で応援して下さいね。
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。