脂質異常症(高脂血症)で困っています。
中性脂肪の数値はクリアーなのですが、総コレステロール値をなんとか下げなくてはなりません。
病院でのガイドラインで食事療法と運動療法で治すつもりが、途中で挫折してしまいました。
今年の健康診断でも要受診となってしまいもう後がない状態です。

なんとか健康体に戻るべくがんばってみますので、同じ境遇のあなたも、まだ健康なあなたも予防のために一緒にがんばっていきましょう!

運動量の目安

<スポンサードリンク>

脂質異常症(高脂血症)による動脈効果を防いで、心筋梗塞や脳硬塞の予防と治療をするには運動療法が最適です。

体内に蓄積する不必要なコレステロールを取り去り、中性脂肪を運動エネルギーに変えてしまって使い切ってしまう事が大事です。

それによって血液中の脂肪の濃度を安全なレベルまで下げられます。

まず運動療法で大事なことは、食事による摂取エネルギー量を把握して、運動によってエネルギーをどの程度消費すればいいかを決めなくてはなりません。

肥満でない人の場合は、摂取カロリーと運動量の収支バランスをプラマイゼロに合わせ、肥満の人の場合はマイナスになるようにするのです。

成人の人の場合の1日に必要となるエネルギー量は、一般的に約1600〜2200キロカロリー程度です。

この場合の運動エネルギー消費量の目安は、1日約150キロ、1週間で約1050キロカロリーが目標となります。

この1日約150キロカロリーを運動エネルギーにかえると、普通に歩いて約60分間、軽いジョギングでも30分程度する必要があります。

ごはん1膳分のカロリーとほぼ同じですので、いかに運動によって使われるエネルギー消費量が少ないかがわかります。

運動療法でがんばってもなかなか体重が減らないのも、うなずけますね。

**************************************************************
2007/4/25 日本動脈硬化学会より発表があり《高脂血症》という呼び名を改め、
脂質異常症という名前に変更になりました。
**************************************************************


高脂血症を予防する運動

<スポンサードリンク>


高脂血症を予防するには運動療法が最適なのですが、これが難しい!

意気込んで”気合い”を入れて早歩きやジョギングなどを始めても、たいていの人は三日坊主で終わってしまうのが本当のところだと思います。

テニスやゴルフ、などスポーツを継続して続けている人は、スポーツをする事に抵抗がないはずですが、あまりスポーツに縁のない、やったことがない人が意気込んで始めても長続きはできないでしょう。

無理にスポーツでなければとは思わないで、日常的な行動を少し工夫をして運動量を増やす方法をとった方が、長続きさせることが可能です。

まず、足を使って歩くことから始めましょう。
大股で腕を大きく振って歩くウォーキングは、ただ歩いただけの場合よりも体内の余分な脂肪を燃焼させてくれて、高脂血症を予防する効果が期待できます。

あとはこの運動をいかに長く続けることが出来るかです。
足や腰に負担がかかり過ぎては、関節炎や筋肉に影響が出てしまうので、自分にあった無理なくできる程度の運動で、毎日が無理なら1日おきにでも続けて、その運動を継続することが大切です。

歩くだけでは退屈で飽きてしまう場合は、週末はサイクリングにしてみたり、水泳を1日いれてみたり、なわとびをしてみたりと変化をつけながら運動すると持続しやすいでしょう。

家族や友人と仲間で楽しく運動することは長く続けられていいかもしれませんね。


**************************************************************
2007/4/25 日本動脈硬化学会より《高脂血症》という呼び名を改め、
《》脂質異常症《》という名前に変更になりました。
**************************************************************

有酸素運動が大事です。

<スポンサードリンク>

運動療法の基本はいかに継続できるかにかかっています。
長く無理なくできる運動を選ぶことがポイントです。

運動には有酸素運動無酸素運動があります。

有酸素運動は運動中に大量の酸素を消費しながら行うのが特徴でウォーキングやジョギング、マラソン、スイミングなどがあります。

この有酸素運動は運動量を自分でコントロールするのが簡単にできるので、心臓への負担が少なく、継続することで体内の脂肪を効率良くエネルギーとして消費できて、中高年の運動療法として最適です。

無酸素運動の方は、運動中にほとんど酸素を使わないで爆発的にエネルギーを使う運動のことで、短距離の全力疾走や重量挙げなどです。
この無酸素運動一時的には強力なパワーとスピードが得られますが、筋肉の疲労は激しく長時間継続できないこと、血圧を一気に高めるため心臓の負担が非常に大きいなど、高脂血症の運動療法には向かない運動です。

高脂血症のための運動療法には有酸素運動の中から選ばなければなりません。


**************************************************************
2007/4/25 日本動脈硬化学会より《高脂血症》という呼び名を改め、
《》脂質異常症《》という名前に変更になりました。
**************************************************************

治療にかかせない運動!

<スポンサードリンク>

人は生活するだけでエネルギーを消費する運動をしています。
特別に運動をしなくても、生きているだけで運動しているわけです。

しかし食べすぎや栄養過多などがあると、カロリーを取り過ぎてしまい、
また運動不足によってエネルギーを消費しないので、脂肪分が皮下や内臓に蓄積されて肥満糖尿病高脂血症の原因になってしまいます。

高脂血症を防いで、治療をするためには食事の配慮と、
運動によって過剰な脂肪分を燃やしてエネルギーとして上手に消費することが重要になってきます。

運動の効果は体内の脂肪分を減らしてくれるのと、悪玉コレステロールを排除して善玉コレステロールを増やしてくれます。

運動不足は高脂血症や肥満にもなってしまいますが、高血圧の引き金にもなってしまいます。

このように運動不足は皮下や内臓に脂肪が増えてしまい、脂質代謝異常や高血圧になりやすくなり、それら全てが相乗的に作用して動脈硬化が促進されます。そして心筋梗塞しんきんこうそく脳梗塞になりやすくなるのです。

適度な運動は高脂血症も防いでくれて、動脈硬化の予防にも大きな効果があるんです。




*******************************************
2007/4/25 日本動脈硬化学会より《高脂血症》という呼び名を改め、
《》脂質異常症《》という名前に変更になりました。
*******************************************
食事療法は家族、とくに奥さんの協力がなくては成立しません。

脂質異常症(高脂血症)の予防レシピも短期間なら実行可能ですが、長期間の実施はなかなか難しいと思います。

そこでまわりに負担のかからない献立として食前キャベツダイエットを実施してみることに。

目からウロコの食前キャベツダイエットなら肥満、三大生活習慣病、脂質異常症(高脂血症)、コレステロール、中性脂肪、悪玉コレステロールはもちろん、動脈硬化やメタボリックシンドロ−ムにも効果絶大ではないかと思います。

ひたすらキャベツを食べまくって結果を出してみますので長い目で応援して下さいね。
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。