脂質異常症(高脂血症)で困っています。
中性脂肪の数値はクリアーなのですが、総コレステロール値をなんとか下げなくてはなりません。
病院でのガイドラインで食事療法と運動療法で治すつもりが、途中で挫折してしまいました。
今年の健康診断でも要受診となってしまいもう後がない状態です。

なんとか健康体に戻るべくがんばってみますので、同じ境遇のあなたも、まだ健康なあなたも予防のために一緒にがんばっていきましょう!

メタボリックシンドロームと病気の関係

<スポンサードリンク>

メタボリックシンドロームとは?

メタボリズム(代謝のこと)とシンドローム(症候群のこと)を合わせた造語です。

体の代謝が悪いということで、代謝異常、脂質代謝異常ともいわれます。お腹の中に脂肪が溜まる内臓脂肪型の肥満になってしまい、高脂血症高血圧高血糖のうちの二つ以上が重なった状態をさします。

これまで動脈硬化を引き起こす三大危険因子として、高脂血症高血圧高血糖の三つが挙げられ、どれか一つに当てはまれば危険といわれてきました。

ところが最近の研究では内臓脂肪が蓄積することによって危険な度合いが高まることがわかりました。内臓脂肪の蓄積が最初に起こり、内臓脂肪が原因となって高脂血症高血圧高血糖を誘発することが明らかになってきたのです。

メタボリックシンドロームに陥ると、動脈硬化を引き起こす危険性が飛躍的に高まってしまいます。動脈硬化になれば、血管が硬くなってもろくなります。その状態が長い間続くことで、心筋梗塞や脳卒中などの日本人の三大死亡原因である二つの病気になりやすくなります。

重い糖尿病患者の人よりも、内臓脂肪が蓄積している場合は、軽症の糖尿病の人で高脂血症や高血糖を併発していれば心筋梗塞や脳梗塞を起こしやすいこともわかりました。

また、内臓脂肪がんを誘発することもわかってきました。内臓脂肪から誘発されるアディポサイトカインには、血圧や血糖に影響を及ぼすだけでなく発ガンにも関係するようなのです。胃がんや大腸がんがその対象となっています。

メタボリックシンドロームはこのように非常に重要な病気の予備軍といえます。内臓脂肪はほっておくと危険な脂肪ということですので、対策をとっていかなければなりませんね。


この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
食事療法は家族、とくに奥さんの協力がなくては成立しません。

脂質異常症(高脂血症)の予防レシピも短期間なら実行可能ですが、長期間の実施はなかなか難しいと思います。

そこでまわりに負担のかからない献立として食前キャベツダイエットを実施してみることに。

目からウロコの食前キャベツダイエットなら肥満、三大生活習慣病、脂質異常症(高脂血症)、コレステロール、中性脂肪、悪玉コレステロールはもちろん、動脈硬化やメタボリックシンドロ−ムにも効果絶大ではないかと思います。

ひたすらキャベツを食べまくって結果を出してみますので長い目で応援して下さいね。
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。