脂質異常症(高脂血症)で困っています。
中性脂肪の数値はクリアーなのですが、総コレステロール値をなんとか下げなくてはなりません。
病院でのガイドラインで食事療法と運動療法で治すつもりが、途中で挫折してしまいました。
今年の健康診断でも要受診となってしまいもう後がない状態です。

なんとか健康体に戻るべくがんばってみますので、同じ境遇のあなたも、まだ健康なあなたも予防のために一緒にがんばっていきましょう!

ストレス と脂質異常症

<スポンサードリンク>

ストレスは蓄積させてしまうと身体にいろいろな影響が出てきます。

ストレスの蓄積によってホルモンの分泌バランスが崩れてしまうと、頭痛、片頭痛、関節痛、脱毛症、筋肉痛、じんましん、動悸、息切れ、食欲不振、消化不良、胃痛、胃腸病、性欲減退、倦怠感などなど、ありとあらゆる症状が出てきます。

ストレスの過剰な蓄積は、必要以上に交感神経を刺激してしまい、副腎皮質からカテコールアミンと呼ばれるホルモンを多量に分泌して、血管を収縮させてしまいます。そのため血圧の上昇する原因になります。

またストレスは血中のコレステロールを上昇させるので、動脈硬化を促進させるといわれています。

このようにストレスは身体に悪い影響をあたえますが、とくに几帳面な性格な人、仕事一筋の完璧主義者などA型タイプの人が影響を受けやすいようです。

逆に物事にこだわらないマイペースな人、楽天的な人などB型タイプの人はストレスにかかりにくいという報告がされています。

A型タイプに属する方は、ストレスによって心臓病などを起こしやすいので、うまくストレスを発散してコントロールする必要があります。





この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
食事療法は家族、とくに奥さんの協力がなくては成立しません。

脂質異常症(高脂血症)の予防レシピも短期間なら実行可能ですが、長期間の実施はなかなか難しいと思います。

そこでまわりに負担のかからない献立として食前キャベツダイエットを実施してみることに。

目からウロコの食前キャベツダイエットなら肥満、三大生活習慣病、脂質異常症(高脂血症)、コレステロール、中性脂肪、悪玉コレステロールはもちろん、動脈硬化やメタボリックシンドロ−ムにも効果絶大ではないかと思います。

ひたすらキャベツを食べまくって結果を出してみますので長い目で応援して下さいね。
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。