脂質異常症(高脂血症)で困っています。
中性脂肪の数値はクリアーなのですが、総コレステロール値をなんとか下げなくてはなりません。
病院でのガイドラインで食事療法と運動療法で治すつもりが、途中で挫折してしまいました。
今年の健康診断でも要受診となってしまいもう後がない状態です。

なんとか健康体に戻るべくがんばってみますので、同じ境遇のあなたも、まだ健康なあなたも予防のために一緒にがんばっていきましょう!

日本人は肥満になりやすい!

<スポンサードリンク>

肥満体質というのがあるそうです。

親子を対象にした肥満調査によると、両親が正常体重である場合、子供の肥満率は約10パーセント。

これに対して、片親が肥満の場合、子供の肥満率は約50パーセント。
両親とも肥満の場合は、なんと子供の肥満率は約80パーセントに跳ね上がるそうです。

これをみると肥満はなんらかの遺伝的な要因が深く関係しているのは明白かもしれません。
最先端の遺伝子研究では肥満を抑える働きをもつ数種類の遺伝子が発見されたそうです。この抑える遺伝子に欠陥があったり、異常があったりしたら肥満になってしまうと考えられています。

脂肪をエネルギーに変換するときに働く肥満抑制遺伝子というものは、日本人の約4割に異常がみられるという報告もあるそうです。

ということは、日本人の約4割は遺伝的に受け継がれている体質から肥満になりやすく、食事制限やダイエットの効果も表れにくいという体質であるということになってしまうのです。

飽食になっている現代ですので、運動不足や食生活の欧米化で高脂肪食品を多く食べているために、子供達はますます肥満の度合いが増す傾向になってくるようです。よくよく注意して生活していかなくてはなりませんね。



posted by ゴルラ− at 13:12 | Comment(2) | TrackBack(0) | 肥満 と かくれ肥満!
この記事へのコメント
ゴルラー様。大変ご無沙汰しております。
お元気そうで何よりです。
コレステロールよりノロウイルスの方がコワイです…
年末年始クリスマス忘年会と、ダイエットが最も困難な時期ですが、野菜多めに取るのは、そんなに難しくないですね。
子供たちの肥満、今問題視されていて、東北地方とか多いとの事です…
食生活の欧米化が主な要因ですが、クリスマスに和食っていう人は少ないですし
野菜が欠かせません☆
Posted by ニモ凜 at 2006年12月24日 00:22
ニモ凛さん、こんばんわ!
コメントありがとうございます。
ノロウィルス、恐いですね。
まだ幼稚園の息子がいるわが家では、幼稚園からもらってくると恐ろしいことになります。
取引先の職場でもノロにかかった人が現れはじめていますので、うがいと手洗いを徹底していますが、効果はあるのか考えもんです。
ダイエット効果、微妙ですが体重は減ってきています。キャベツは食い続けて結果を出したいです。
Posted by 管理人ゴルラ− at 2006年12月24日 01:06
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
食事療法は家族、とくに奥さんの協力がなくては成立しません。

脂質異常症(高脂血症)の予防レシピも短期間なら実行可能ですが、長期間の実施はなかなか難しいと思います。

そこでまわりに負担のかからない献立として食前キャベツダイエットを実施してみることに。

目からウロコの食前キャベツダイエットなら肥満、三大生活習慣病、脂質異常症(高脂血症)、コレステロール、中性脂肪、悪玉コレステロールはもちろん、動脈硬化やメタボリックシンドロ−ムにも効果絶大ではないかと思います。

ひたすらキャベツを食べまくって結果を出してみますので長い目で応援して下さいね。
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。