脂質異常症(高脂血症)で困っています。
中性脂肪の数値はクリアーなのですが、総コレステロール値をなんとか下げなくてはなりません。
病院でのガイドラインで食事療法と運動療法で治すつもりが、途中で挫折してしまいました。
今年の健康診断でも要受診となってしまいもう後がない状態です。

なんとか健康体に戻るべくがんばってみますので、同じ境遇のあなたも、まだ健康なあなたも予防のために一緒にがんばっていきましょう!

生活習慣病、タコで予防

<スポンサードリンク>


生活習慣病、タコで予防

タコを食べることによってコレステロールの量を減少させる働きがある!

こんな研究結果がマウスの実験によって報告されています。

私はタコ、大好きですのでこれから頻繁に食べることとします!

好きなタコを食べてコレステロールが下がってくれれば、

こんなに健康に幸せなことはありませんね。


生活習慣病、タコで予防

<以下、記事の引用です>
生活習慣病、タコで予防 県立大教授ら、特産地・三原で研究発表 広島
2012.9.4 03:29
 タコに生活習慣病の原因とされるコレステロール量などを減少させる効果があることが、県立広島大生命環境学部の黒木英二、吉野智之両教授らの共同研究で明らかになり、特産地・三原市の助成事業成果発表会で報告された。

 マウスにタコ粉末を飼料に混ぜて20日間投与し、通常飼料だけの場合と比較して調べた。その結果、タコ粉末を10%添加した場合(1)血中コレステロールが25.7%(2)血球トリグリセライド(中性脂肪の主成分)が33.9%(3)グルコース(血糖値)が39.9%−それぞれ通常飼料だけのマウスより低かった。

 一方、消費者約100人を対象に「タコせんべい」などの加工品についてアンケートを実施。こうした成分を有することを高く評価したことが分かった。

 黒木教授らは「科学的な検討を続けることで、三原の特産品としての評価が高まり、市場拡大が期待される」としている。


posted by ゴルラ− at 19:34 | Comment(0) | TrackBack(0) | 健康の最新ニュース
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
食事療法は家族、とくに奥さんの協力がなくては成立しません。

脂質異常症(高脂血症)の予防レシピも短期間なら実行可能ですが、長期間の実施はなかなか難しいと思います。

そこでまわりに負担のかからない献立として食前キャベツダイエットを実施してみることに。

目からウロコの食前キャベツダイエットなら肥満、三大生活習慣病、脂質異常症(高脂血症)、コレステロール、中性脂肪、悪玉コレステロールはもちろん、動脈硬化やメタボリックシンドロ−ムにも効果絶大ではないかと思います。

ひたすらキャベツを食べまくって結果を出してみますので長い目で応援して下さいね。
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。