脂質異常症(高脂血症)で困っています。
中性脂肪の数値はクリアーなのですが、総コレステロール値をなんとか下げなくてはなりません。
病院でのガイドラインで食事療法と運動療法で治すつもりが、途中で挫折してしまいました。
今年の健康診断でも要受診となってしまいもう後がない状態です。

なんとか健康体に戻るべくがんばってみますので、同じ境遇のあなたも、まだ健康なあなたも予防のために一緒にがんばっていきましょう!

高脂血症は定期検査で見つけろ!

<スポンサードリンク>

高脂血症は早期発見が大事な病気です。

自覚症状がないために何年、いや何十年もほったらかしという事にもなりかねません。

会社や職場で定期検診を受けていられる方はいいのですが、その環境にない方は40代になったら自分で検査を受けてみて下さい。

定期検診は毎年受けてみて、データがどう変化していくかが重要です。

体重が増えていく場合は、コレステロールや中性脂肪の数値なども体重と共に増加する傾向にあります。

体重の変化は病気に直結していく事にもなりますので一番のチェック項目です。

定期検診ではどんな事をするかというと、

1.身体検査
2.聴力、視力検査
3.血圧測定
4.眼底検査
5.胸部レントゲン検査
6.心電図検査
7.体脂肪検査
8.血液検査
9.血中脂質検査
10.肝機能検査

こんな感じで検査をします。

普通なら1、2時間程度で終わってしまうので人間ドッグとは違って案外簡単に済んでしまいます。痛いのは血液採取の時だけです。

これに尿検査と便の検査があるので、当日の朝、採取して持ち込みます。

前日の9時以降は食べてはいけない事。

お水はほんの少しで我慢。

当日はもちろん食べない事、飲まない事が準備として大変なところです。


検査結果はもちろん高脂血症を診断する情報になりますが他の隠れた病気の情報もわかりますので大変重要です。

40代でもし受けてない方がいましたら、検査は必須だと思います。

日本には高脂血症の患者数はなんと3000万人もいると推定されているのですから、極めて頻度の高い病気なんです。

定期検査、ぜひ受けて下さいね。




*******************************************
2007/4/25 日本動脈硬化学会より《高脂血症》という呼び名を改め、
《》脂質異常症《》という名前に変更になりました。
*******************************************




*******************************************
2007/4/25 日本動脈硬化学会より《高脂血症》という呼び名を改め、
《》脂質異常症《》という名前に変更になりました。
*******************************************


この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
食事療法は家族、とくに奥さんの協力がなくては成立しません。

脂質異常症(高脂血症)の予防レシピも短期間なら実行可能ですが、長期間の実施はなかなか難しいと思います。

そこでまわりに負担のかからない献立として食前キャベツダイエットを実施してみることに。

目からウロコの食前キャベツダイエットなら肥満、三大生活習慣病、脂質異常症(高脂血症)、コレステロール、中性脂肪、悪玉コレステロールはもちろん、動脈硬化やメタボリックシンドロ−ムにも効果絶大ではないかと思います。

ひたすらキャベツを食べまくって結果を出してみますので長い目で応援して下さいね。
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。