脂質異常症(高脂血症)で困っています。
中性脂肪の数値はクリアーなのですが、総コレステロール値をなんとか下げなくてはなりません。
病院でのガイドラインで食事療法と運動療法で治すつもりが、途中で挫折してしまいました。
今年の健康診断でも要受診となってしまいもう後がない状態です。

なんとか健康体に戻るべくがんばってみますので、同じ境遇のあなたも、まだ健康なあなたも予防のために一緒にがんばっていきましょう!

「肥満大国」改善へ…米外食で健康メニュー続々

<スポンサードリンク>


「肥満大国」改善へ…米外食で健康メニュー続々

オートミール!

映画でよく見かけるアメリカの朝食のようですが、

見た目は非常に美味しくなさそうですね。

マクドナルドで健康食として扱うとは!!

健康食を考えるのなら、

自社のメインのジャンクフード!!

ハンバーガーを考え直せと言いたいところですね。

ジャンクフードを扱いながら健康食とは笑わせます!


「肥満大国」改善へ…米外食で健康メニュー続々

<以下、記事の引用です>

「肥満大国」改善へ…米外食で健康メニュー続々


マクドナルドが1月から全米の店舗で販売を始めた「オートミール」。健康食への関心の高まりで、客の反応は上々という(4日、ニューヨークで)
 米国の小売り大手や外食チェーンが、相次いで「健康」に配慮した食品の販売強化を打ち出している。

 「肥満大国」とされる米国では、生活習慣病に伴う医療費の負担が家計や財政圧迫の一因になっているからで、米政府も生活習慣病の予防に向けた食生活の改善に力を入れ始めている。

 ファストフード最大手の米マクドナルドは1月から、欧米では朝食の定番メニューの一つ「オートミール」を全米約1万4000店のメニューに加えた。つぶしたオーツ麦(カラスムギ)を煮て、かゆ状にしたオートミールは食物繊維が豊富だ。1・99ドル(約160円、税抜き)の小型カップ(砂糖なし)でハンバーガー1個分とほぼ同じ260キロ・カロリーだが、ハンバーガーより高い満腹感を得られるという。

 オートミールは、コーヒーチェーンのスターバックスが2008年に米国内で売り出しヒットした。マクドナルドは、健康志向が高くハンバーガーを敬遠してきた層の取り込みを目指す。

 ミシェル・オバマ米大統領夫人が子供の肥満率の低下に積極的なこともあり、肥満対策がクローズアップされている。「健康」への取り組みは、外食産業以外にも広がっている。

 こうした取り組みの背景には、米政府の危機感の高まりがある。

 米国では子供の3分の1以上、成人では3分の2以上が「体重過多」、もしくは「肥満」とされる。肥満が原因の経済的損失は、生産性の低下などを含めると03年の約750億ドルから、18年には3430億ドルと5倍近くに増えるとの専門家の試算もある。

 米農務省のビルサック長官は先月、「現状は無視できない危機的な状況だ」と述べ、生活習慣病による医療費などの負担増に強い懸念を示した。

 同省が5年おきに公表している「ダイエットの手引」も、今年は大幅に変更した。例えば、「成人の塩分摂取量は1日2300ミリ・グラム以下」としてきた従来の記載に、「51歳以上の人やアフリカ系米国人は1500ミリ・グラム以下」などと細分化した内容を加えた。(ニューヨーク 小谷野太郎、写真も)

(2011年2月6日14時55分 読売新聞)


posted by ゴルラ− at 22:43 | Comment(1) | TrackBack(0) | 健康の最新ニュース
この記事へのコメント
健康食に注目するのはいいのですが、どうも中途半端な感じですね。
オートミールを食べて、ポテトフライやコーラをばかばか飲み食いしていていは意味はないわけですし・・・。
健康食といわれるとそれを食べていれば健康になれる、と勘違いして売れそうですが、本質は摂取カロリー。
その辺の意識は薄くなりがちな気がします。

Posted by ヨっち(生活習慣病) at 2011年05月23日 15:59
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
食事療法は家族、とくに奥さんの協力がなくては成立しません。

脂質異常症(高脂血症)の予防レシピも短期間なら実行可能ですが、長期間の実施はなかなか難しいと思います。

そこでまわりに負担のかからない献立として食前キャベツダイエットを実施してみることに。

目からウロコの食前キャベツダイエットなら肥満、三大生活習慣病、脂質異常症(高脂血症)、コレステロール、中性脂肪、悪玉コレステロールはもちろん、動脈硬化やメタボリックシンドロ−ムにも効果絶大ではないかと思います。

ひたすらキャベツを食べまくって結果を出してみますので長い目で応援して下さいね。
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。