脂質異常症(高脂血症)で困っています。
中性脂肪の数値はクリアーなのですが、総コレステロール値をなんとか下げなくてはなりません。
病院でのガイドラインで食事療法と運動療法で治すつもりが、途中で挫折してしまいました。
今年の健康診断でも要受診となってしまいもう後がない状態です。

なんとか健康体に戻るべくがんばってみますので、同じ境遇のあなたも、まだ健康なあなたも予防のために一緒にがんばっていきましょう!

「緑茶」 健康面の効用、再認識 メタボに効果、コレステロール吸収を抑制

<スポンサードリンク>

「緑茶」 健康面の効用、再認識 メタボに効果、コレステロール吸収を抑制

<緑茶>の成分、カテキンは健康面ですぐれた効果をもたらしてくれるメリットがたくさんあるようです。

以前から言われ続けていましたが、改めてその効用が注目されています。

お茶にまつわることわざも沢山あるんですね。

日本人に長年愛されてきた日本茶を飲むことは<健康>に繋がっている、と感じさせられました。

「緑茶」 健康面の効用、再認識 メタボに効果、コレステロール吸収を抑制
<以下、記事の引用です>

「緑茶」 健康面の効用、再認識 メタボに効果、コレステロール吸収を抑制 (1/3ページ)
2009.5.14 07:54
このニュースのトピックス:健康・メタボ

最もお茶がおいしいこの時期。茶産地では新茶の採り入れが真っ盛りだ
 新茶の収穫が最盛期を迎えているこの時期は、1年で最もお茶のおいしい季節だ。飲むとなぜか落ち着くお茶。嗜好(しこう)品としてはもちろん、メタボリックシンドローム(内臓脂肪症候群)対策やコレステロール吸収など健康面でのメリットが改めて再認識されている。各清涼飲料メーカーも緑茶の効用をキーワードに研究に余念がない。(谷内誠)
 ◆目覚めの1杯
 茶の耕地面積で全国の46%、荒茶(生葉を加工したもの)産出額で42%という日本一の茶どころ・静岡県。その中でも指折りの産地、掛川市で茶業を営む大井富行さん(61)は今、朝4時に起きる毎日だ。
 契約農家を回って茶葉を仕入れ、加工、販売と目の回る忙しさの大井さんだが、「目覚めたらまずお茶を1杯飲み、寝るまでに1日に2リットルは飲みますかね。昔から八十八夜の採れたてのお茶を飲むと長生きすると言いますが、周りには元気な人が多いですよ」と笑う。
 掛川市は緑茶の効用を科学的に実証する試みを行っている。平成17年に市立病院内に緑茶医療研究センターを開設し、緑茶が健康に与える影響を研究。今年1月からは市周辺の住民を対象にメタボ予防、改善に緑茶が効果を発揮するかどうかの臨床試験を実施している。
 30〜68歳の男女65人に粉末緑茶入りのカプセルを1日2グラム、3回飲んでもらい、飲まないグループと比較する。8月ごろには結果が判明するという。

◆絶え間ない研究
 「茶の渋み成分のカテキンには血圧上昇抑制や血中コレステロール、血糖値の調節、抗酸化作用など数々の効用が証明されています」と話すのは緑茶飲料トップ「伊藤園」中央研究所(静岡県牧之原市)の野沢歩第四研究室長。
 緑茶の健康面での効用研究に飲料メーカーも余念がない。
 「コレステロール吸収を抑制」「メタボ対策に効果あり」などとカテキンパワーをうたう特定保健用食品(トクホ)の茶飲料が次々と登場。野沢室長は「研究で、何種類もあるカテキンの中でも“ガレート型”と呼ばれるカテキンが、総コレステロール低下と同時にLDL(悪玉)コレステロールの低下にも働くことがわかりました」と改めて強調する。
 ◆食生活のパートナー
 カテキンが細胞の老化・酸化抑制に働く抗酸化作用を持つことに注目するのは、京都府立医大大学院医学研究科の吉川敏一教授。
 「抗酸化物質は老化抑止に働きますが、カテキンをはじめ、緑茶にはさまざまな抗酸化成分が含まれています。人類はそれを利用することで間接的に酸化ストレス(老化)から逃れてきました」
 日本型食生活の大きなパートナー、緑茶。忙しい現代社会の中で、飲むとなぜかホッとする。「家族との団欒(だんらん)でゆっくり味わい、生活にゆとりを持たせる場面でも飲んでいただきたいですね」と大井さんは話す。健康ブームを追い風に、緑茶の魅力はますます広がりそうだ。

■茶の効用を伝えることわざ■
 ・朝茶に別れるな
 朝飲む茶は、1日の災いから守ってくれるものと言われていることから「朝1杯の茶を忘れることなく飲め」という意味。飲み忘れると縁起が悪いとも。
 ・茶殻もこやしになる
 茶殻のように捨ててしまう物でも、植木にやれば肥料になるように、世の中にまったく役に立たない物はないという意味。 
 ・宵越しの茶は飲むな
 茶はいれたてが一番おいしいことの例え。また、茶は疲労回復の助けになるとも言われるが、ひと晩経過した物は酸化により品質が低下し、飲まない方がよいという教え。
 ・良い茶の飲み置き
 品質が良いとされる茶は、いただいた後も香りやうまみがずっと口の中に残るという意味。
(伊藤園ホームページ「お茶百科」を基に作成)



posted by ゴルラ− at 06:35 | Comment(0) | TrackBack(0) | 健康の最新ニュース
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
食事療法は家族、とくに奥さんの協力がなくては成立しません。

脂質異常症(高脂血症)の予防レシピも短期間なら実行可能ですが、長期間の実施はなかなか難しいと思います。

そこでまわりに負担のかからない献立として食前キャベツダイエットを実施してみることに。

目からウロコの食前キャベツダイエットなら肥満、三大生活習慣病、脂質異常症(高脂血症)、コレステロール、中性脂肪、悪玉コレステロールはもちろん、動脈硬化やメタボリックシンドロ−ムにも効果絶大ではないかと思います。

ひたすらキャベツを食べまくって結果を出してみますので長い目で応援して下さいね。
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。