脂質異常症(高脂血症)で困っています。
中性脂肪の数値はクリアーなのですが、総コレステロール値をなんとか下げなくてはなりません。
病院でのガイドラインで食事療法と運動療法で治すつもりが、途中で挫折してしまいました。
今年の健康診断でも要受診となってしまいもう後がない状態です。

なんとか健康体に戻るべくがんばってみますので、同じ境遇のあなたも、まだ健康なあなたも予防のために一緒にがんばっていきましょう!

慢性心不全患者メタボ率2倍

<スポンサードリンク>

慢性心不全の患者はメタボリック症候群の割合が2倍以上になっているとのことです。

慢性心不全患者のうち男性47%、女性20%がメタボリック症候群だった。一般的なメタボリック症候群の割合は男性20%、女性7%程度とされ、慢性心不全の患者は高率だった。


男性47%、女性20%がメタボでは困ったものです。

男性では約5割がメタボということになりますから、メタボ=心不全という計算がなりたってしまいますね。

すべての病気の元に成るようなメタボ!

生活習慣病を改善していかなければ病気からは逃れられないという結論になりそうです。

私のお腹のメタボ!も早急にチェックが必要です。

ここから引用させてもらいます。


慢性心不全患者メタボ率2倍 東北大など大規模調査
2月5日6時12分配信 河北新報

 東北大大学院医学系研究科の下川宏明教授(循環器病態学)らの研究グループは4日、慢性心不全の患者はメタボリック症候群の割合が通常の2倍以上になるという研究成果を発表した。食生活の変化などで患者増が指摘される慢性心不全と、メタボリック症候群の関連を大規模データで裏付けたのは初めて。下川教授は「発症前の段階で食事療法や運動療法の積極的な対策が必要だ」と強調している。

 慢性心不全の調査は東北大、北海道大、国立循環器病センター(大阪府吹田市)などの6施設が2006年から共同で行っている。

 研究は、(1)慢性心不全患者約3400人の症例登録(2)心不全予備軍約4700人の追跡調査(3)メタボリック症候群を併発する患者に対する食事・運動療法の効果検証―の3つで進めた。

 慢性心不全患者のうち男性47%、女性20%がメタボリック症候群だった。一般的なメタボリック症候群の割合は男性20%、女性7%程度とされ、慢性心不全の患者は高率だった。

 メタボリック症候群は腹囲が男性85センチ、女性90センチ以上で、高血圧、高脂質、高血糖のいずれか2つ以上で基準を超えた場合に該当する。下川教授は「メタボリック症候群が心不全の原因となっているほか、心不全でメタボが進んだ側面もある」と分析する。

 心不全予備軍の追跡調査では、慢性心不全の発症にかかわる心疾患の傾向も解明できるという。療法の効果検証と併せて2、3年後を目標に結果をまとめる。

 心不全予防について下川教授は「生活習慣を改善して内臓脂肪を減らすことが重要。腹囲、体重の5%減を目指してほしい」と話している。

最終更新:2月5日6時12分




posted by ゴルラ− at 09:01 | Comment(0) | TrackBack(0) | 健康の最新ニュース
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
食事療法は家族、とくに奥さんの協力がなくては成立しません。

脂質異常症(高脂血症)の予防レシピも短期間なら実行可能ですが、長期間の実施はなかなか難しいと思います。

そこでまわりに負担のかからない献立として食前キャベツダイエットを実施してみることに。

目からウロコの食前キャベツダイエットなら肥満、三大生活習慣病、脂質異常症(高脂血症)、コレステロール、中性脂肪、悪玉コレステロールはもちろん、動脈硬化やメタボリックシンドロ−ムにも効果絶大ではないかと思います。

ひたすらキャベツを食べまくって結果を出してみますので長い目で応援して下さいね。
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。