脂質異常症(高脂血症)で困っています。
中性脂肪の数値はクリアーなのですが、総コレステロール値をなんとか下げなくてはなりません。
病院でのガイドラインで食事療法と運動療法で治すつもりが、途中で挫折してしまいました。
今年の健康診断でも要受診となってしまいもう後がない状態です。

なんとか健康体に戻るべくがんばってみますので、同じ境遇のあなたも、まだ健康なあなたも予防のために一緒にがんばっていきましょう!

メタボ対策に新成分/ファンケル、米大学と共同研究

<スポンサードリンク>

メタボリック対策にいいサプリメントが出来そうですね。

動脈硬化が予防できれば、血管系のあらゆる病気が克服できる可能性もでてきますので、広範囲に効果のあるサプリメントになりそうです。

私同様、お腹の周りが気になる方は大いに期待しましょう!


メタボ対策に新成分/ファンケル、米大学と共同研究

9月1日21時20分配信 カナロコ


 無添加化粧品メーカーのファンケル(横浜市中区)はこのほど、わずかに発芽させた玄米から、メタボリック症候群や糖尿病が誘発する動脈硬化の予防効果を期待できる成分が発見されたと発表した。米ジョージア医科大学(ジョージア州)との共同研究の成果。

 成分は「発芽米ステロール配糖体」。善玉コレステロールを含む血中のタンパク質(HDL)と結合している抗酸化酵素(HTアーゼ)を活性化し、悪玉物質のホモシステインチオラクトン(悪玉HT)を分解する。悪玉HTは、血管壁を傷つけ血管拡張作用を損なう物質(酸化LDL)を生産するため、その生産を防ぐことが動脈硬化の抑制につながるという。

 同社は今後、発芽米ステロール配糖体の研究を進め、人体での臨床実験を日米双方で行う。現在同社で販売している発芽米の販売促進につなげるほか、同成分を配合したサプリメントの開発も進める考え。

最終更新:9月1日21時20分



posted by ゴルラ− at 08:53 | Comment(0) | TrackBack(0) | 健康の最新ニュース
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
食事療法は家族、とくに奥さんの協力がなくては成立しません。

脂質異常症(高脂血症)の予防レシピも短期間なら実行可能ですが、長期間の実施はなかなか難しいと思います。

そこでまわりに負担のかからない献立として食前キャベツダイエットを実施してみることに。

目からウロコの食前キャベツダイエットなら肥満、三大生活習慣病、脂質異常症(高脂血症)、コレステロール、中性脂肪、悪玉コレステロールはもちろん、動脈硬化やメタボリックシンドロ−ムにも効果絶大ではないかと思います。

ひたすらキャベツを食べまくって結果を出してみますので長い目で応援して下さいね。
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。