脂質異常症(高脂血症)で困っています。
中性脂肪の数値はクリアーなのですが、総コレステロール値をなんとか下げなくてはなりません。
病院でのガイドラインで食事療法と運動療法で治すつもりが、途中で挫折してしまいました。
今年の健康診断でも要受診となってしまいもう後がない状態です。

なんとか健康体に戻るべくがんばってみますので、同じ境遇のあなたも、まだ健康なあなたも予防のために一緒にがんばっていきましょう!

発熱する脂肪、大人の体にも存在

<スポンサードリンク>

発熱してくれる褐色脂肪組織が大人にもあるようです。

太った人に比べて痩せた人は1.4倍、この細胞があるようです。

この細胞が活性化してくれれば肥満の解消が促されるかもしれませんね。

発熱する脂肪、大人の体にも存在 米医学誌掲載

<以下、リンク記事の引用です>

発熱する脂肪、大人の体にも存在 米医学誌掲載

2009年4月14日1時4分印刷ソーシャルブックマーク
 【ワシントン=勝田敏彦】体内であまったエネルギーをため込むのではなく、消費して熱を出す脂肪組織が大人の体にあることが、欧米の研究でわかった。やせた人はこの組織がより活性化されており、この性質を利用すると肥満解消の新しい手法になる可能性がある。米医学誌最新号に論文3本が掲載され、注目を集めている。

 脂肪組織には2種類ある。多くは余ったエネルギーを脂肪としてためる白色脂肪組織で、人間の新生児や寒さに弱いネズミの仲間にある褐色脂肪組織は寒いときにエネルギーを出して体温を維持する。新生児の褐色脂肪は、体を動かして体温を上げられるようになると、消えると考えられていた。

 ところが、ニューイングランド・ジャーナル・オブ・メディシンに掲載されたオランダチームの論文によると、健康な大人を陽電子放射断層撮影(PET)などで調べたところ、室温で見つからない活性化した褐色脂肪組織が、寒い部屋で2時間ほど過ごした後では背中の上部などに見つかった。やせた人は太った人に比べて4倍ほど活発だった。

 別の米チームの検査でも、やせた人は褐色脂肪組織が見つかる確率が太った人に比べ1.4倍ほど高かった。

 米国立保健研究所(NIH)のフランセスコ・セリ博士は同誌に「薬や温度調節で褐色脂肪組織を活性化させられれば、余分なカロリーの消費手段になりえる」との期待を示した。


posted by ゴルラ− at 20:42 | Comment(0) | TrackBack(0) | 健康の最新ニュース

高校生4割、習慣病の予備軍 テレビの時間と血圧関係

<スポンサードリンク>

<高校生4割、習慣病の予備軍 テレビの時間と血圧関係>

高校生も生活習慣病の予備軍が4割もいるようです。

高校時代に運動することができないと、社会人になっても同じ状態が続きますからメタボリック一直線の道を歩むことになりそうですね。

調査班は、(1)運動系部活への参加か、休日に60分以上の運動(2)テレビの視聴時間は平日50分以内、休日100分以内(3)朝食を毎日とる(4)腹囲が80センチを超えたら、医師に相談、などの提言をまとめた。


私の娘も高校生ですが、毎朝の自転車通学で結構走っていますのでそれがいい方向の運動にはなっているようです。

運動不足は病気になりうるということがはっきりわかります。

ますます気をつけていかなくてはなりませんね。


<以下、アサヒ.comのニュースより引用です>

高校生4割、習慣病の予備軍 テレビの時間と血圧関係

2009年4月11日9時56分
印刷ソーシャルブックマーク

  
 高校生の4割超が、高血圧や高中性脂肪、高血糖など何らかの基準値を超え、生活習慣病予備軍になっていることが、厚生労働省研究班(班長、吉永正夫・国立病院機構鹿児島医療センター小児科部長)の調査でわかった。テレビの視聴時間が長かったり、朝食を抜いたりする生徒は、値がより悪かった。

 千葉、富山、鹿児島の3県の高校生男女1500人を対象に06〜08年度、身長や体重、血圧、血液、生活習慣などを調べた。うち、1257人から中性脂肪や空腹時血糖、空腹時インスリン、尿酸、善玉コレステロールなどのデータを得た。これほどの大規模調査は初めて。

 これまで、思春期の生活習慣病の基準値はなく、研究班で成人の値を参考に基準を作った。各項目で値の悪い方から1割を高血圧症、高中性脂肪などの「生活習慣病」と定義。30代以降に重い生活習慣病になるのを防ぐため、成人の値より厳しめになった。

 その結果、内臓肥満、高血圧、高中性脂肪、低善玉コレステロール血症、空腹時高血糖の五つで、男子の44%が一つ以上で基準値を超え、三つ以上超えた人も5%いた。女子では一つ以上が42%、三つ以上も3%いた。

 また、テレビの視聴時間が長いほど血圧や血糖の値が悪かった。男子では朝食を食べない生徒ほど内臓肥満になりやすかった。母親の体格指数(BMI)が高い生徒の内臓肥満度も高かった。

 調査班は、(1)運動系部活への参加か、休日に60分以上の運動(2)テレビの視聴時間は平日50分以内、休日100分以内(3)朝食を毎日とる(4)腹囲が80センチを超えたら、医師に相談、などの提言をまとめた。

 調査結果は、17日に奈良市で開かれる日本小児科学会で発表される。(坪谷英紀)
posted by ゴルラ− at 09:01 | Comment(0) | TrackBack(0) | 健康の最新ニュース

<脂肪>細胞内での分解に「自食作用」関与…日米チーム発見

<スポンサードリンク>

<脂肪>細胞内での分解に「自食作用」関与…日米チーム発見



肥満治療薬を開発するために役に立つ仕組みが解明させたようです。

たんぱく質分解のときに起きる「オートファジー」(自食作用)という仕組みが、脂肪分解にも寄与していることが判明。

脂肪を分解してくれるような効果の薬が開発されるかもしれません。

無理なダイエットをしなくても肥満解消ができれば素晴らしいことですね。




<脂肪>細胞内での分解に「自食作用」関与…日米チーム発見
4月2日2時30分配信 毎日新聞

 細胞内の脂肪を分解する新しい仕組みを日米の研究チームが発見し、1日付の英科学誌ネイチャー電子版に発表した。たんぱく質分解のときに起きる「オートファジー」(自食作用)という仕組みが、脂肪分解にも寄与しているのが分かった。肥満治療薬の開発に役立つ可能性があるという。

 オートファジーは、飢餓状態になった生物は、細胞内のたんぱく質を膜で包んでアミノ酸に分解し、エネルギーを得たりする仕組みとして知られる。研究チームが、マウスの肝細胞を観察したところ、飢餓状態になると、膜が現れて細胞内の脂肪を包み込み、リソソームという小器官が結合して分解するのを発見した。脂肪の周りには、オートファジーに不可欠なたんぱく質が存在していた。【永山悦子】

【関連ニュース】
<特集>脱メタボ計画 基礎知識から実践まで
ながらde運動:赤ちゃん乗せハーフ腹筋で「いないいない脂肪」
たんぱく質:花粉管引き寄せるルアー 百数十年のナゾ解明
体脂肪30%以上、デブのためのウェブマガジン「D30」創刊
<写真特集>浅尾美和:驚異の皮下脂肪を公開「同性があこがれる体に」

最終更新:4月2日10時53分


posted by ゴルラ− at 13:13 | Comment(0) | TrackBack(0) | 健康の最新ニュース
食事療法は家族、とくに奥さんの協力がなくては成立しません。

脂質異常症(高脂血症)の予防レシピも短期間なら実行可能ですが、長期間の実施はなかなか難しいと思います。

そこでまわりに負担のかからない献立として食前キャベツダイエットを実施してみることに。

目からウロコの食前キャベツダイエットなら肥満、三大生活習慣病、脂質異常症(高脂血症)、コレステロール、中性脂肪、悪玉コレステロールはもちろん、動脈硬化やメタボリックシンドロ−ムにも効果絶大ではないかと思います。

ひたすらキャベツを食べまくって結果を出してみますので長い目で応援して下さいね。
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。